業種別の調査ポイント(その9)~飲食業~

1 税務当局から見た飲食業

 税務調査の観点から見た飲食業の第一の特徴は、売上げがすべて現金(=現金商売)であるということです。現金商売を対象とした税務調査では事前通知をあえて行わずに無通知で調査が行われるケースが多いといえます。これは、現金商売という業態が納税者からすれば売上の除外(売上除外)が容易である一方、税務当局にとっては正確な所得の捕捉が困難であるため、無通知の調査を行い取り繕う時間を与えずに調査日における現況を確認することにより不正計算の端緒を把握することが狙いだといえます。現金商売において売上除外が容易になされるのは次の理由によります。

 ・ 売上入金が銀行口座を経由しない

 ・ レジスターが無ければ売上高を示す客観的な証拠がない

 ・ 売上に係る見積書や請求書、その他関係書類がない

 店頭にレジスターを設置していれば、お客さんに交付するレシートの控えであるロールペーパー(ジャーナル用紙ともいいます)あるいは高性能のレジスターであればその電子データがその日の売上の明細を示す資料となりますが、そもそもレジスターを通さない売上があればそれ自体、当然にこれらの売上記録として残りません。一定の時間帯(閉店前の一定時間など)はレジスターを通さないといった事例も実際にあります。

 したがって、税務当局からすれば、飲食店の税務調査における最大の関心事は「売上の計上を適正に行っているか?」に尽きます。有体に言えば売上除外がないかどうかを確認することが税務調査の核となるテーマとなるということです。具体的には現金の管理をどのように行っているかを確認する作業に重点が置かれます。

2 具体的調査展開

⑴ 外観調査・内観調査

 調査着手前に調査対象となる店舗の立地環境や客の出入り状況(盛況の程度)、店舗の外観等を確認します。(外観調査)

 そして、実際に客として入店し店内の状況を確認します。(内観調査)

 ・ レジスターについて(設置しているかどうか、売上を通しているかどうか)

   ・ 伝票はどんなか(テーブルに持ってくるかどうか、手書きか電子か)

 ・ その他客数や客単価、従業員数、出前があるかどうか

(2) 本調査(臨場調査)

 無通知で飲食店に臨場した調査官は、およそ次の手順で調査を進めて売上の管理状況を確認します。客に渡す「伝票」→レジスターの「ロールペーパー」→毎日の売上を記載した「売上日計表」→「元帳」へと各段階で不正(廃棄、隠滅、簿外管理)が行われていないかを前後の整合性をチェックしながら確認するものです。調査当日とその前数日間の現況を確認することにより操作(不正)が加えられていないありのままの資料を把握できる可能性が高まるわけです。

 ・ 調査当日における「レジスターの売上記録(=ロールペーパー)」と「実際の売上入金額(注)」の整合性チェック(これを現金監査と呼んでいます)

(注)実際の売上入金額=レジスターの現金残高-当日に釣銭としてレジスターに入金した額+当日にレジスターから支払った現金仕入代金等

 ・ 調査当日及びその前日等における「ロールペーパー」と「伝票(手書き)」との整合性チェック

 ・ 直近の「売上日計表」と「ロールペーパー」の整合

 これら現金・売上管理状況の確認調査によりどこかの段階で不整合が確認され、売上除外が想定されれば、その解明に注力されます。その除外された金額を合理的に算定し、もとの売上金額に加算(=所得に加算)することになります。

   正当な売上金額=もとの売上金額+1日当りの売上除外額×営業日数

 現金・売上管理状況に問題点がなければ、その他の調査項目(仕入、人件費、経費等)の調査に移行します。

⑶ 推計課税

 会社が売上金額を何ら根拠なくでたらめに計上しており、実際の売上金額よりかなり過少に計上されていることが想定された場合は、売上除外額を算定するというより、売上金額自体の再構築をする必要があります。具体的には次のような間接的な指標から売上金額や所得金額を推計計算により認定します(法法131)。これを推計課税といいます。

・法人の財産や債務の増減状況

・収入や支出の状況

・生産量、販売量その他の取扱量、従業員数その他事業の規模

 例えば、①売上に比例して消費される材料を選定した上でその仕入量を把握し、②その材料の一定数量当たりに得られる売上金額を合理的に算定し、逆算により推定売上金額を算定します。さらに③当該推定売上金額に同規模類似業者の売上金額に対する平均所得率を乗じて所得金額を算定する方法などが採用されます。

 なお、青色申告の法人には推計課税は適用できません。したがって当局が青色申告法人に推計課税を行う場合は、いったん青色申告の承認取消処分を先行して行うこととなります。

3 税務調査における否認事例

 ・ 売上除外

 ・ 売上管理ができていないことによる推計課税

 ・ 食材の仕入れ担当者がバックリベートを受け取っていた

 ・ 従業員の「まかない」に対し源泉所得税が徴収されていない

 ・ 減価償却資産の取得価額の単位が誤っていた

新日本法規出版「業種別・税務調査のポイント-国税調査官の視点とアドバイス(渡邊崇甫著)」より。

 

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも365日・24時間対応しています。とりあえずご一報ください。

24時間 365日対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもお電話承ります

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもOK

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。