航空機オペレーティング・リース

当社は2016年~2019年にかけて5つのオペレーティング・リースに投資しました。

投資金額の合計は1億6千万円です。

概要、投資の目的、進捗状況をリアルタイムでご紹介いたします。

オペレーティング・リースの投資は、以下のような特徴を持っています。

主な目的 利益の繰り延べ
全額償却までの期間 2年~5年
投資金額 3000万円~数億万円
繰り延べ期間 8年~12年
回収率 100%

事業のスキーム

投資から繰り延べが完了するまでのスキームは以下のようになっています。

  1. リース会社が匿名組合を作り、投資家を募る
  2. 投資家(当社)が1口単位で出資する
  3. 匿名組合は、そのお金で航空機を購入し、航空会社へ貸し出す
  4. 出資したお金は初年度から大きな償却ができる(80%など)
  5. 2年~5年で償却する
  6. リース期間満了時(8年~12年後)に100%以上を回収する
  7. これで繰り延べが成立する

オペレーティング・リースの魅力は、「早期に減価償却ができる」「売却時に賃料と売却益の合計100%以上回収」になります。

オペレーティング・リースに投資した目的

オペレーティング・リースに投資の目的は利益の繰り延べです。

当社の節税は「次の利益を出すための投資」を目的としています。

具体的には、「従業員が、もっと高いパフォーマンスを発揮したくなる動機づくり」への投資です。

そのために、この12年間で累計9億円、約55の商品に投資をしてきました。

その結果、20年先までの経営基盤を盤石にすることができました。

本サイトは、節税商品探しに苦しんでいる経営者さんのために、当社が経験を語ることを目的としています。

オペレーティング・リースはある程度の基盤ができ、未来の安心づくりを目的に投資しました。

当社の本業はサイト制作・運営管理です。

節税ができるのは、従業員がユーザーファーストの視点で制作・運営し、Googleからの評価を受け、ユーザーに喜んでいただけることで収益が上がったからです。

しかし、万が一、何らかの理由でGoogleから評価を受けなくなると会社として立ち行かなくなります。

そういう事態は起こらないと思いますが、何が起こっても「絶対つぶれない会社という安心感を与えたい」と考えて投資しました。

絶対つぶれない会社にするため、合計5つ、1億6千万円のオペレーティング・リースに投資しました。

繰り延べとしてのオペレーティング・リース

「利益の繰り延べ」の手段としては、ほかに法人保険にも加入していました。

しかし、繰り延べたい金額が高額の場合、毎年支払いが発生する保険は不向きと考えました。

そのため、支払いが1回きりのオペレーティング・リースを選びました。

5つの投資の流れは以下のようになっています。

投資時期と回収時期

※B社のみタンカー、他は航空機となります。

当社が投資した事例

A航空:3000万円の投資

投資をした時期 2016年8月
投資金額 3000万円
減価償却年数 3年
売却時期 2026年(予定)
回収金額 3015万円(予測)
回収率 100.5%

詳しくは下記よりご覧ください。

B社:3300万円の投資

投資をした時期 2016年11月
投資金額 3300万円
減価償却年数 3年
売却時期 2024年(予定)
回収金額 3636万円(予測)
回収率 110.2%

こちらは航空機でなくタンカーのオペレーティング・リースとなります。

詳しくは下記よりご覧ください。

C航空:3871万円の投資

投資をした時期 2018年9月
投資金額 3871万円
減価償却年数 2年
売却時期 2027年(予定)
回収金額 4433万円(予測)
回収率 114.9%

詳しくは下記よりご覧ください。

D航空:3012万円の投資

投資をした時期 2019年2月
投資金額 3012万円
減価償却年数 3年
売却時期 2029年(予定)
回収金額 3256万円(予測)
回収率 108.1%

詳しくは下記よりご覧ください。

E航空:3000万円の投資

投資をした時期 2019年5月
投資金額 3000万円
減価償却年数 5年
売却時期 2027年(予定)
回収金額 3003万円(予測)
回収率 100.1%

詳しくは下記よりご覧ください。