税に関するQ&A

調査官が行う「準備調査」とは?
会社の経理をしています。税務調査に来る調査官は、会社に関するかなりの情報をもっており、事前に調査の準備を入念にしていると税理士さんから聞きました。一般に、調査官は、どのように税務調査のための準備をしているのでしょうか?  
「探聞情報資料せん」とは?
例えば、業者と業者の間の取引(BtoB)は、どちらか一方の業者へ税務調査があれば、もう一方の業者との取引が税務署に情報として蓄積され、やがて、このもう一方の業者の税務調査にたどり着くと考えられます。しかし、ピアノ教室や学習塾など、一般消費者を相手にしたサービス業(BtoC)は、一般消費者には税務調査がないため、なかなか税務署が授業料や月謝の受け払いがなされている事実を把握できず、そのためBtoCの業者で無申告の人がたくさんいると思います。このようなBtoCの無申告の業者を税務署はどのように見つけて、課税しているのでしょうか?
「重要資料せん」とは?
税務署は、様々な取引情報を蓄積して、税務調査の際に役立てていると聞いています。その中でも特に「重要資料せん」というものがあるらしく、調査官がそれを持って税務調査に訪れたら、事前に不正計算がバレているという話を聞きました。「重要資料せん」というのはどういうもので、本当にそういったものが税務署にあるのでしょうか?
「重加算税」とは
会社の経理をしていますが、先日から始まった税務調査の対応に追われています。調査官から当社の申告が過少であったことを指摘されていますが、その原因が不正経理によるものと認定されたようです。調査官の指摘に従い、修正申告をする予定ですが、このように不正経理による過少申告があった場合、通常の過少申告加算税ではなく、重加算税がかかると聞きました。この重加算税とはどういった税金なのか教えてください。
「無申告加算税」とは
個人事業主として商売を行っています。期限を過ぎて確定申告をした場合、「無申告加算税」がかかると聞きました。この「無申告加算税」の内容について教えてください。無申告でいた場合に税務調査が入るとやはり「無申告加算税」がかかるのでしょうか?
「過少申告加算税」とは
会社の経理をしています。確定申告で計算した税額が少なすぎた場合、修正申告をすることになりますが、その場合、「過少申告加算税」がかかると聞きました。この「過少申告加算税」の内容について教えてください。税務調査の前に自主的に修正申告をした場合にも、「過少申告加算税」がかかるのでしょうか?
「修正申告」と「更正」
会社の経理をしています。先日、当社に税務調査が入り、調査官からいろいろな書類の提出を指示され、バタバタしていましたが、ようやく終わりそうな状況になりました。調査官と税理士の話の中で、最終的に「修正申告」をするか「更正」にするかということがありました。「修正申告」はわかるのですが、「更正」とはどういう意味でしょうか?「修正申告」と「更正」の違いは何でしょうか? 
法定申告期限とは
税金には様々な期限が法律で定められています。主な税金に関する「法定申告期限」について教えてください。
法定納期限とは
税金には様々な期限が法律で定められています。主な税金に関する「法定納期限」について教えてください。
法定申告期限・法定納期限とは
税金には様々な期限が法律で定められています。主な税金に関する、法定申告期限・法定納期限について教えてください。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。