ヘリコプター購入による利益の繰り延べ

当社は、これまでにヘリコプターに対して3度の投資をしてきました。

ヘリコプターの投資は、以下のような特徴を持っています。

主な目的 利益の繰り延べ
全額償却までの期間 1年
投資金額 400万円~4000万円
繰り延べ期間 2年~5年
回収率 100%以上

ヘリコプターに投資をした目的

当社の節税は「次の利益を出すための投資」を目的としています。

具体的には、「従業員が、もっと高いパフォーマンスを発揮したくなる動機づくり」への投資です。

そのために、この12年間で累計9億円、約55の商品に投資をしてきました。

その結果、20年先までの経営基盤を盤石にすることができました。

本サイトは、節税商品探しに苦しんでいる経営者さんのために、当社が経験を語ることを目的としています。

現在は、もっとみなさんのお役に立ちたいと考え、率先して「これは」と思う商品に投資しています。

ヘリコプターは、その一環の投資という位置付けになっています。

当社がこの投資に興味を持った点は、「1年で全額が償却できる」点に加え、「回収にかかる年数も短く、事業利回りが100%以上になる」点です。

そして後述するヘリコプターの特徴を踏まえ、投資しました。

このサイトに登場するのは、数々の投資をしたものの中から、現在進行中を含め「うまくいっているもの」に限定しています。

事業のスキーム

投資から繰り延べが完了するまでのスキームは以下のようになっています。

  1. ヘリコプター運航会社が投資家を募る
  2. 投資家がヘリコプターを購入する
  3. ヘリコプター運航会社に貸し出す
  4. 毎月、運航会社から賃料を受け取る
  5. 契約期間の終了後、売却
  6. 賃料と売却金額をあわせると100%以上になる

ヘリコプターの中古市場の特徴は、購入から2年程度ではほぼ値下がりがなく取引がされていることです。

この投資の特徴

ヘリコプターの最大の特徴は数年経過しても値下がりしないことです。

この特徴が100%の繰り延べを実現しています。

さらにこの投資は、賃料収入があるので100%以上の回収ができます。

賃料は固定ですが、一定の稼働がないと賃料の滞りが発生する可能性があります。

ヘリコプターの運営をする会社は、「市場価格の1/5」でサービスを提供していることから、フライト実績・事業性・将来性を踏まえると100%の回収は可能と判断し、投資をしました。

当社が投資した事例

1回目:3960万円の投資

投資をした時期 2017年12月
投資金額 3960万円
売却時期 2019年8月
売却金額 3438万円…①
賃料合計 931万円…②
回収額合計 4369万円(①+②)
回収率 110%

「繰り延べが成功」した事例です。
詳しくは下記よりご覧ください。

2回目:4262万円の投資

投資をした時期 2018年11月
投資金額 4262万円
売却時期 2023年10月(予定)
回収率 120.1%(予定)

「繰り延べが成功」した事例です。
詳しくは下記よりご覧ください。

3回目:400万円の投資

投資をした時期 2019年4月
投資金額 400万円
売却時期 2022年4月(予定)
回収率 111%(予定)

「現在進行中」の事例です。
詳しくは下記よりご覧ください。