税務調査前に自主的にチェックする税務監査

税務監査とは、
  • 税務署から税務調査の通知が届く前自主的に申告内容をチェックすること

税務上の問題点を洗い出し、課税リスクを事前に摘み取るのが目的です。

調査官の思考パターンを完全に把握している国税OB税理士チームにお任せいただければ、よりリスクを下げる期待ができます。

自主的な「税務監査」が重要な理由

例えば、税務調査の1つである総合調査は、「準備」段階でその70%以上が終了していると言われています。

「準備」とは、関係する当事者の申告書を一堂に並べ、問題のありかを検討することです。

つまり、税務調査は残りの30%であり、準備調査で「問題あり」とした点の確認作業にすぎないわけです。

それほど申告書の内容だけで問題の有無が浮き彫りになるのです。

問題点の把握と、その対応

税務リスクを排除するためには適正な申告書を作成し、提出するのが一番の近道です。

税務監査には2つのケースがあり、それぞれ目的が異なります。

1.これから申告書を出す場合

リスクを排除する「適正な申告書」の作成が目的

2.申告書を提出済みの場合

「自主的な修正申告をするほどの問題があるか」を確認することが目的

提出した申告書に問題点があると判断した場合、

  • 「税務調査」により是正されるのを待つ(注)
  • 「自主的な修正申告」をして是正する

のいずれかになります。

税務調査による国税・税務署からの是正

加算税・延滞税が加算
自主的な修正申告

加算税・延滞税が減免

(注)税務調査における「見落とし」に期待するのも一つの方法ですが、内容により判断すべきでしょう。

申告書提出前の税務監査

提出前の申告書をチェックし、是正すべき点を洗い出し、適正に修正にすることで税務調査リスクを軽減させます。

税務調査で指摘されそうな事項は、関係書類をそろえ、いつ調査されても対応できるように、いわば「防波堤」を構築しておくわけです。

しかるべき備えをしておけば、突然通知なしでやってくる税務調査も怖くありません。

申告書提出後の税務監査

提出済の申告書を対象とした内容の審査を行い、当局の指摘を免れ得ない(クロ)処理が把握された場合は、自主的に修正申告を提出することをお勧めします。

それにより税務リスクが排除でき、また、加算税や延滞税の軽減を図ることができます。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも365日・24時間対応しています。とりあえずご一報ください。

24時間 365日対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもお電話承ります

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもOK

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。