「国際税務」の検索結果 - 2ページ目

税務署から『国外からの送金受領の内容について回答してほしい』という書類が・・・
海外勤務中の会社員(単身赴任)です。現在、勤務先の日本の会社から海外出向社員として海外で働いています。先日、税務署から『国外からの送金受領の内容について回答してほしい』という書類が日本の自宅に届きました・・・一年以上前に行った海外から日本への送金について調べているようです。給与は、日本の個人口座へ振込みで受けていますが、現地での生活費もあるので、海外現地でも円建ての個人口座を開設し、給与の一部を受け取っています。随時、この海外口座で貯まった金額を日本口座へ移動をしており、送金理由は生活費として金融機関に届けています。今回はその送金に対する問い合わせで、海外から日本へ100万円~300万円の送金が何度か有ります。回答用の返送用紙も入っているようですが、なにぶん初めてのことで驚いています…。個人口座を全て税務署に把握されている状態に不安も大きいです。日本の税務署は、個人の口座の入出金の把握までしているのですね・・どのように対応すればいいのでしょうか?
米国のLLCの本邦における課税上の取扱いについて
米国のLLCの本邦における課税上の取扱いについて米国のLLCに出資している日本の法人は、そのLLCが現地でパス・スルー課税を選択し、かつ、計算期間に損失が生じた場合、その出資割合に応じた損失額を損金の額に算入することができるのかどうかについて、どのように考えたらいいでしょうか?米国の税務上、法人課税を選択したLLC又はパス・スルー課税を選択したLLCは、我が国の税務上、外国法人に該当するものとして課税関係を考えることになりますか。
海外進出する日本企業の税金について
海外進出する日本企業の税金について日本企業が海外へ進出して現地の人を雇い、現地で商品・製品を販売し、利益がある場合、日本に税金は入るのですか?専ら現地国のためだけに尽力するだけなのですか?
商社が法人税をほとんど納めていないのはなぜ?
大企業の法人税について質問です。三井物産は税引前利益に対して5.5%、三菱商事は5.8%(2008年から2012年の5年間の実効法人税率)の法人税しか納めてないそうですが、大企業なら通常25%は払わないといけないはずですよね?なぜこういうことが起こるのでしょうか?
BEPSに対する対応策
BEPSに対する対応策ついてアップル社やGoogle社はダブルアイリッシュ・ダッチサンドイッチといった方法で租税を回避していますが、それらへの対策としてどのような方法があるでしょうか。
FATCA(ファトカ)とは何ですか?
FATCA(ファトカ)とは何ですか?最近、「FATCA」の関係で銀行で口座開設をする場合、米国人に該当しないかどうか確認されることとなったと聞いています。「FATCA」とはいったい何ですか?
外国でセミナー講師をして、その報酬を現地の大学に寄附した場合について
海外においてあるセミナーの講師をして、その報酬として50万円相当の対価を受け取る予定です。報酬に現地の税金10%が発生しますが、この場合、この外国で受け取る報酬額は、売上として帳簿につけて申告すべきなのでしょうか?日本で課税されれば二重課税になってしまうのですが、申告の際何らかの控除を受けられるでしょうか?また、私はその全額を現地の大学に寄付する予定ですが、その場合は寄附控除は受けられるのでしょうか?
輸出取引に係る収益の認識基準について
輸出取引に係る収益の認識基準について日本の会社は輸出取引に係る収益の認識につき、どの基準を採用している企業が多いですか?・出荷基準・船積基準・引渡基準 
錦織選手の税金はどこの国に収めるの?
テニスの錦織選手の税金はどこの国に収めるの?通常、日本以外の国と日本で仕事をしている場合、滞在期間が183日(1年の半分以上)以上滞在している国に税金を納付すると聞いていますが、錦織の様に世界を転々としている人はどこに税金を納付するのでしょうか? 
香港企業と顧問契約を結び取引を始めます
来年から香港企業と顧問契約を結ぶつもりです。業務は生産コンサルです。顧問料は毎月、日本へ日本円で送金されることになっています。この場合、確定申告は雑所得で申告するのでしょうか、あるいは、別の所得になるのでしょうか?また、申告のときに必要な書類はどのようなものがあるのでしょうか。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。