「国際税務」の検索結果

海外の口座から国内の口座への送金・・・課税される??
商社に勤務する給与所得者です。先月まで会社事情によりシンガポールで家族とともに生活、勤務しておりました。先月に帰国し、自分名義のシンガポール口座から生活資金として国内の自分名義の口座への送金を考えているものです。一括で送金をしたいのですが、ネット情報にて、100万円相当の金額を送金すると税務署からの伺い書が届き、説明をしなければならないと聞きました。自分名義の口座同士の送金でしたら税金はかからないと言う理解でよろしいでしょうか?また、説明が煩わしい場合100万円にならぬように何度か送金すると言うことで回避することはできるのでしょうか?
国内に住所を有さなくなった場合の確定申告書の提出先について
勤務先から3年間の海外支店勤務を命じられ、家族全員で海外に行くこととなったため、今まで住んでいた住宅を賃貸することにしました。この貸家から生じる不動産所得の申告及び納税等の手続は納税管理人が行いますが、これらの手続を納税管理人の住所地の所轄税務署長に対して行ってもよいでしょうか。
海外子会社への赤字販売・・・これって利益供与?
利益供与になりますか?当社はA社より商品を100$で仕入れました。しかし、売れ残ったため、在庫を抱えるよりはと思い、当社の海外法人B社(子会社)へ50$にて売ろうと考えています。
「為替換算調整勘定」とは?「為替差損益」とはちがうの?
「為替換算調整勘定」とはどのようなものでしょうか?「為替差損益」とはまた異なるものでしょうか? 
恒久的施設(PE)について
「非居住者」や「外国法人」の国内における課税関係は、国内に「恒久的施設」があるかないかで大きく変わります。「恒久的施設的」とは「支店」のことと考えていいのでしょうか?具体的にどのようなものが「恒久的施設」に該当するのでしょうか?
居住者と非居住者の区分について
「居住者」と「非居住者」とでは、所得税の課税関係が変わってきますが、両者の区分について教えてください。
海外出向者が帰国したときの年末調整について
海外に出向していた社員が日本へもどって来た(帰任した)場合、その社員の帰国後の源泉関係事務、特に年末調整の仕方について教えてください。
海外に転勤した社員や役員の源泉徴収について
海外に転勤した社員や役員の源泉徴収について海外子会社や海外支店に社員や役員が転勤した場合の源泉所得税に関する手続きについて教えてください。
海外で勤務する法人の役員に対する給与に関する税務上の取扱いについて
今般、当社の役員の一人であるAが海外子会社のCEOとして現地に赴任することになりました。Aは役員のため、現地に赴任後も役員報酬は当社から支払われ、現地子会社は当該報酬の一部を負担金として当社に支払うこととなります。赴任期間は1年を超えることを見込んでおり、Aは「非居住者」に該当することとなるので、Aに支給する出国後の報酬には源泉税の徴収は必要ないと考えていますがその理解でよろしいでしょうか? 
海外出向社員の出国前の所得税額の精算について
この度、当社の海外子会社に当社の社員が出向で赴任することになりました。出向期間は1年を超える見込みです。この場合、当該出向者の日本における出国前までの所得税の精算はどうなるのでしょうか?年末調整に準じた処理をすればよいのでしょうか?

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも365日・24時間対応しています。とりあえずご一報ください。

24時間 365日対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもお電話承ります

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもOK

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。