「国際税務」の検索結果 - 5ページ目

非居住者の課税関係について
私は日本人です。ただ、現在は税務上の非居住者に該当しており、租税条約が締結されている国に居住しています。この場合、居住国におけるキャピタルゲイン課税については、居住国の税法に従って納税し、日本では課税されないという理解でよろしいでしょうか?
アメリカで課された源泉税の還付について
日本とアメリカは租税条約を結んでいるため、アメリカで源泉徴収された税金は後で申告すれば日本で還付されると聞きました。この理解は正しいでしょうか?
BEPS問題への対応について
スターバックスやアップルなどの大手での租税回避が問題となっていますが、この租税回避を解決するにはどういった案があるでしょうか?
中国人技能実習生の所得税等の免除について
中国人技能実習生の所得税や住民税は、雇用主が租税条約の手続きすることにより誰でも免税になるそうです。だた、疑問に思うのは、そもそも租税条約とは、二重課税を回避するための条約ですから、日本における免税は、中国における納税を前提にしているはずです。しかし、現実は、中国での納税の有無にかかわらず、届出さえすれば、自動的に日本の税金が免除になっています。中国で納税していることを確認したうえで、免税という特例を与えるべきではないでしょうか? 
FATCA(ファトカ)の導入経緯について
就職1年目の金融機関へ勤務する者です。外国口座税務コンプライアンス法(FATCA:ファトカ)とはどのような経緯でできたのですか?
租税回避行為は合法?
様々な業界でタックス・ヘイブン国の税制を利用した租税回避行為が行われていますが、これは合法なのでしょうか?
租税回避は犯罪?
企業が租税回避をするというのは犯罪ですか?
海外子会社のマイナス剰余金補てんのための業務委託料の増額
海外に子会社があります。親会社からの業務受託をしています。剰余金がマイナスなので、それを補てんするため、利益がでるように業務委託料の料率を上げようと考えています。税務上の問題があれば教えてください。
海外出向者のにおける住宅等の補助について
日本企業の社員が海外の子会社に出向したとします。その際に生じる「住宅補助」や「一時帰国の渡航費」は、日本企業が負担すべきものでしょうか?それとも出向先の海外子会社が負担すべきものでしょうか?
海外の子会社へ外貨で出資した場合の円貨換算レート
海外の子会社へ外貨で出資した場合の円貨換算レートは、TTS、TTB、TTMのどれを使用すればよいのでしょうか?

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。