「税務調査」の検索結果

突然、税務署が来た?どうすればいい?
個人事業主ですが、突然税務署がやって来ました。実際のところかなりの過少申告を行っていたのでどうしたらよいかわからない状況です。事前の連絡もなく2人の調査官が事務所にやってきて、「税務調査のために来ました。ご協力ください。」と言われ、やむを得ず取引先との約束をキャンセルし、調査に立ち会うことにしました。調査官を事務室に通したところ、名刺を渡し挨拶を済ますや否や、「まずは書類の保管状況から確認します。」と言って、いきなり机の中や書類棚(キャビネット)の中を勝手に開け出し、その中の書類をひっぱり出しました。また、パソコンの中のデータも開示するよう指示され長時間にわたりデータ内容を確認するのに立ち会わされました。結局、かなりの書類が押収され税務署に持って帰えられました。また、データについても調査官が持ってきたメモリーに複写され押収された格好です。このような調査は許されるのでしょうか?この後どのように調査が進展するのでしょうか?
突然、税務署が来ました。事前通知のない調査は違法ではないのでしょうか?
昨日の朝、税務署の調査担当者3人が突然事務所にやってきて、「税務調査を始めるので、協力してくれ。」との要請がありました。取引先と仕事の打合せがあったため、後日にしてくれと頼みましたが、誰とどういう用件で何時から会うのかなど、しつこく聞かれ、半ば強引に調査に協力するように誘導されました。仕方なく取引先には打合せ時間を変更してもらい午前中いっぱい調査に対応することにしました。真面目に納税しているのにこんな調査は許されるのでしょうか?そもそも事前通知のない調査は違法ではないのでしょうか?
多額の前期修正損益は税務調査の対象となる?
 前期修正損益が著しく多額な場合、税務調査の対象となりうるでしょうか?
頻繁な住所変更や決算期変更は税務調査の選定理由になるか
 調査対象として会計期間の変更を頻繁(4~5年周期)にしたり、住所移転を頻繁(1~2年周期)にする会社もターゲットになるでしょうか?
現金商売とその他の事業を兼業している場合、無通知で税務調査が実施され、初日にうちに全業種が見られるか
現金商売に対しては、税務調査が無通知(事前連絡なし)で行われると貴チーム主催のセミナーで聴講しました。当社は本業:不動産・副業:ネットカフェ(飲食の提供を含む)なのですが、これは「現金商売」として無通知調査の対象になるでしょうか?また対象となった場合にネットカフェの調査をきっかけとして本社(不動産部門)まで(その日のうちに)調査に来るといったことはあるでしょうか?
税務調査を受ける周期(割合)
先日、ある記事で「税務調査」が実施される割合は法人全体の5%程度(正しい数字は忘れてしまいましたが、この程度の驚くべき少ない数字でした)と読んだのですが、実は税務調査の入らない(その企業の社員の一人が在籍している間程度の期間)会社がほとんどということなのでしょうか?
税務署職員に会社の情報を公開されて困っています
先日、当社に対し法人税の調査が行われました。税務調査は当社の従業員が使用するスタッフルームで行われました。私が立会いの途中で得意先との連絡のため30分ほど中座したところ、その間に調査官は、何も言わずに勝手に昼食のために外出していました。その際、総勘定元帳や決算書など調査のために提示した資料をスタッフの昼食を食べるテーブルに置いたままの状態で出ていったため、スタッフルームに入ってきた従業員が総勘定元帳や決算書などの書類を見てしまい、会社の財務(資産・負債)状況や役員報酬などが露見してしまいました。社員との信頼関係も崩れてしまい、大変困っています。税務署に責任を追及できないでしょうか?
税務調査における調査官の着眼点
税務調査が行われる場合、調査官は申告書に記載した数値が正しいかどうかを帳簿書類等を見ながら確認していくわけですが、請求書の金額をごまかして帳簿との整合性を持たせてもそれがバレるのはなぜでしょうか?調査官はどこに着目して調査をしているのでしょうか?
税務調査では自宅まで調べられるのですか?
会社を経営しています。先日税務署から連絡があり、後日税務調査が入ることとなりました。そこで質問ですが、税務調査では私(役員)の自宅まで調べられるのですか?また、カバンや財布など私物の中まで調べられるのですか?
税務調査の事前通知の内容について
税務調査が行われる際の「事前通知」について(1)事前通知の際には、なぜ実地の調査が必要なのかについても説明してもらえますか。また、(2)事前通知の際には、調査に要する時間や日数、臨場する調査担当者の人数は教えてもらえるのですか。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

0120-409-540

年中無休でお電話承ります(9時~18時)
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

0120-409-540

年中無休(9時~18時)

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。