「消費税」の検索結果

連結納税制度を選択している各グループ法人の消費税等の経理処理について
連結納税制度を選択している各グループ法人の消費税等の経理処理について同一グループ内の各連結法人の消費税等に係る経理処理(税抜経理方式・税込経理方式)の方法は同一でなくとも差し支えないですか。
出向者の給与負担金に関する消費税の課税関係について
出向者の給与負担金に関する消費税の課税関係についての質問です。当社は常に数名の社員を子会社に出向させています。出向社に対する給与は当社がいったん本人に全額支給し、子会社が負担すべき額を「出向者給与負担金」として当社が子会社から受け取っています。この場合における「出向者給与負担金」の消費税上の取り扱いはどうなるのでしょうか?
「寄附金」や「交際費」のうち消費税の「仕入税額控除」になるものとならないものの区分について
会社の経理を担当しています。「寄附金」や「交際費」のうち消費税の「仕入税額控除」になるものとならないものの区分について教えてください。
社員に支給する「出張手当」は仕入税額控除の対象となるか?
会社の経理を担当しています。社員が出張する費用を「出張手当」として実費相当額をその社員に支給しています。この場合、「出張手当」は直接交通機関等に支払うわけではありませんが仕入税額控除の対象として取り扱ってもいいのでしょうか?
未成工事支出金に含まれる支出に関する仕入税額控除の時期について
消費税の仕入税額控除について建設業を営んでいます。完成工事売上と完成工事原価との対応の観点から、いまだ完成引渡しが済んでいない建設現場で支出した費用は「未成工事支出金」として経理しています。ただ、この「未成工事支出金」を構成する支出の中には単体取引とすればすでに取引対象物の引き渡しやサービスの提供が済んでいるものが含まれています。このような支出については法人税法上損金の額に算入できないことから消費税法の取り扱いとしても仕入税額控除はできないのでしょうか?
建設仮勘定に含まれる支出に関する「仕入税額控除」の時期について
消費税の仕入税額控除について質問です。当社は、自社の物流倉庫を建設していますが、来期に完成するまでその取得に関連して支出する費用を「建設仮勘定」として計上しています。この「建設仮勘定」を構成する支出の中には単体取引とすればすでに取引対象物の引き渡しやサービスの提供が済んでいるものが含まれています。このような支出については消費税法の取り扱いとして仕入税額控除はできないのでしょうか?
サラリーマンの個人的な輸入に消費税はかかる?
会社に勤務するサラリーマンです。このたび、趣味が高じて外国からある玩具を個人的に輸入することになりました。通関や納税手続きも自分で行うつもりです。この場合、消費税も支払わなければならないのですか?税務署に消費税の申告をすることになるのでしょうか?
税務調査により「業務委託料」が「給与」に認定された場合の処理・・・
法人の経理処理について税務調査が入り、「業務委託料」として処理していた費用が、「給料」に該当すると言われ、源泉所得税の追徴課税がなされました。源泉所得税はその支払先から返金してもらえることになったのですが、それとは別に消費税を払わなくてはならなくなってしまいました。なぜ消費税が発生するのですか?また、その消費税を納付時の仕訳を教えてください。
外注費と給与の違いについて
外注費と社員の給与との違いを教えて下さい。社員扱いにはせず外注先として数名と仕事をしていました。先日、税務調査があり、その対価は外注費としては認められないと指摘され修正(源泉税、消費税)に応じました。確かに、自分達で確定申告をしていなかった事実はありますが、今後、彼らが確定申告をするのであれば外注先として仕事を続けていきたいと思っています。税務署からは「社員」として認定されましたが、どんな場合に「外注先」として認められるのでしょうか?
代物弁済した場合の消費税の取扱い
会社の経理担当者をしています。得意先から貸与されている専用端末機を営業の担当者が損壊してしまいました。同機種の端末機を弊社が購入し、それを代替品とすることで合意に至りました。このように得意先に補償金を払う代わりに代替品を用意した場合の処理はどうなりますか?補償金は消費税はかからないと思うのですが、そのあたりがよくわかりません?また、新規に購入した端末機は弊社にあるので弊社の資産ではないことを証明する何らかの書類が必要でしょうか。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも365日・24時間対応しています。とりあえずご一報ください。

24時間 365日対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもお電話承ります

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもOK

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。