節税に関するQ&A - 2ページ目

利益を少しでも多く残すために経費を削減できるいい方法があれば教えてください。
従業員が数名の中小企業経営者です。利益を少しでも多く残すために月に数万円から数十万円でもいいのでコストを削減できる節税があれば教えてください。

月に数万円から数十万円でもコストを下げる方法として会社負担の社会保険料を下げる2つの方法をご紹介します。

  1. 住宅規程を活用した「社宅制度の導入」により、社会保険料を削減する方法
  2. 年収を変えずに、「役員報酬の支払い方法の見直し」により社会保険料を削減する方法
「ヘリコプター事業」は、御社が最近積極的に投資している投資先とのことですが、その理由はなぜでしょうか。
「ヘリコプター事業」は、御社が繰り延べの投資先として、最近積極的に投資しているとのことですが、その理由はなぜでしょうか。

投資としての優位性および、この事業の運航会社の理念に共感し、その理念の実現に少しでも貢献できたらという気持ちから投資しています。

安定した売上の柱を作りたいと考えています。お勧めのストックビジネスになる投資商品を教えてください。
新型コロナウィルスの影響を受けて売上が大幅に減少し、資金面においてかなり苦労をしました。もし今後、同じようなことがあった場合のことを考えると、ストック収入になる投資で対策が必要だと考えています。不動産投資は、償却年数が長いので節税効果が低くなることから、他にいい投資商品はありませんでしょうか。

10万円未満の少額償却資産を使った、全額が単年で即時償却になり、毎月安定収益が得られる4つの節税商品をご紹介します。


ヘリコプター事業に投資するには、最低でもいくら必要なのでしょうか。
御社のヘリコプターの投資事例を拝見しました。節税にもなり、100%以上が返ってくる点に加えて、オーナーは安く乗れるという特典に魅力を感じています。ヘリコプター事業に投資するには、最低いくら必要なのでしょうか。

ヘリコプターは最低でも1機、約3000万円はするものです。

しかし、複数名での共同購入(区分所有)という方法を使えば、3000万円未満での投資が可能になります。

LED照明レンタル、足場レンタル、民泊事業の中で中途解約が可能なものはありますでしょうか。
即時償却が可能で収益増にも繋がるLED照明レンタル、足場レンタル、民泊事業に興味があります。投資期間中、資金がホールドされる点に多少不安がありますが、中途解約は可能でしょうか。

すべて中途解約はできます。

しかし、元金に近い資金を回収できるのは、LED照明レンタル事業のみです。

来年度の期初に不動産売却により約5000万円入る予定です。繰り延べに良い節税があれば教えてください。
来年度の期首に不動産売却によるまとまったお金が入る予定です。退職予定や設備投資の予定はありませんので繰り延べする手段を探しています。約5000万円繰り延べできる良い節税があれば教えてください。

当社が投資した節税の中でも、期首に投資するメリットが大きい繰り延べ商品をご紹介します。

足場レンタルやLEDレンタル、民泊事業等の現在の利回りを教えてください。
足場レンタルやLEDレンタル、民泊事業等の収益UPに繋がる節税に興味があります。現在の利回りを教えてください。また、今後利回りに変更が生じた場合、契約内容に影響することはありませんでしょうか。

契約時に定められた利回りが変更されることは一切ありません。

2019年7月時点での利回りをご案内します。

足場レンタル事業の収益の受け取り方は、御社の投資事例のように5年目と8年目だけ収益が多くなるのでしょうか。
足場レンタルの事業の収益の受け取り方について質問があります。御社の足場事業のページでは、5年目と8年目だけ収益の金額が多くなっていました。現在、契約した場合でも御社の事例と同じに受け取り方になるのでしょうか。

いいえ。現在の収益の受け取り方法は均等割となります。

収益の受け取り方については現在のプランとともに詳しくご説明します。

12月まで残り5ヶ月のなかで、手間がかからずに個人で約2、3000万円の節税ができるものを教えてください。
個人でできる節税を探しています。12月まで残り5ヶ月のなかで、約2000万円から3000万円が節税できるものがあれば教えてください。普段はサラリーマンをしているので、手間がかからない節税だとありがたいです。

LEDレンタル事業、足場レンタル事業、ドローンレンタル事業などであれば、個人でも投資でき、かつ運用も任せられるので手間がかかりません。

旅費規程について。日当の遡り支給はできますか。
御社の旅費規程のページを拝見しました。旅費規程を導入すれば、交通費やホテル代以外に手当に関しても定額支給できることを知りました。今月が決算で残り約200万円から300万円ほどを節税希望しており、少しでも経費を増やしたいと考えています。今から旅費規程を導入すれば、遡ってこれまでの出張手当を支給することはできますか。

旅費規程の遡り支給はできません。

手当等の支給は、規程導入後に受けられるものです。

足場レンタルとLEDレンタル事業を比較しています。足場の需要性は分かりますが、LEDも需要はあるものでしょうか。
利益圧縮をするために節税を探していたところ、即時償却ができる足場レンタルとLEDレンタル事業に興味をもちました。私は不動産業をしていますので、足場の需要性は分かりますが、LEDの需要については不明です。LEDの需要はあるものでしょうか。

LEDには電気代が安く、寿命が長いというメリットがあるものの、値段が高いことが普及にブレーキをかけています。

低コストで導入できるLEDレンタルが需要を喚起すると思われます。

当社はこの事業に投資しました。その実績をご紹介します。

ヘリコプター投資で節税するには、対象が中古機である理由を教えてください。
2年で償却できるヘリコプターへの投資による繰り延べに興味があります。投資対象のヘリコプターは中古のようですが、新造機でない理由を教えてください。

新造機と中古機で償却できる期間が違うからです。

逓増定期保険の名義変更について。個人で支払う保険料は1ヶ月分か1年分のどちらの方がいいのでしょうか。
以前加入した逓増定期保険について。保険会社からの案内では名義変更後、個人が1年間の保険料を支払う必要があると聞いていました。しかし、御社のサイトで1ヶ月分でも可能という内容を見ました。どちらの方がいいのでしょうか。

名義変更後、個人が支払う保険料が1ヶ月分と1年分の場合では、解約返戻率と返戻金の金額に影響しますので、その差分を試算した上で検討することをお勧めします。

具体的な内容は、当社のケースをご参考にしてください。

鉄筋コンクリート以外で、単年の節税効果が高くなるおすすめの不動産投資があれば教えてください。
御社のサイトにて不動産投資の事例を拝見しました。鉄筋コンクリートは単年の節税効果があまり期待できない点で投資を躊躇しています。単年の節税効果が高くなるおすすめの不動産投資はありますでしょうか。

鉄筋コンクリートよりも節税効果が高くなる不動産投資に、木造住宅を活用した不動産投資がございます。

中でも、より節税効果が高いものとして当社がアメリカの中古木造住宅に投資した事例をご紹介します。

足場レンタル事業に興味があります。足場の需要は、2020年のオリンピック開催後も続くものでしょうか。
今期の利益を一括償却でき、長期的に収入が確保できる点で足場レンタル事業に興味を持ちました。事業モデルは9年間で資金を回収できるものだと認識していますが、足場の需要がどの程度かわかりません。2020年のオリンピック開催までは、需要が高くなることは予想できますが、その先も足場のニーズは継続的にあるものなのでしょうか。

当社は、オリンピック以降も安定した需要があると判断して2017年に投資しました。

それは、2008年に法改正され、外壁打診調査が義務付けられたからです。

街中では、外壁にタイルを使用したマンションや商業施設が多く見られます。

そういう建築物に対して、「落下により歩行者等に危害を加えるおそれのある部分」を10年に1回は全面的に打診等により調査をしなければならなくなりました。

検査には足場を組む必要があり、その他にも外壁の塗り替え等にも必要になりますので、マンションや商業施設がある限り足場の需要はなくなることはありません。

以下のページにて、当社の足場レンタルへの投資経験を紹介しています。

航空機オペレーティングリースの元本毀損リスクについて。過去、元本を回収できなかったケースはあったのでしょうか。
航空機オペレーティングリースへの投資を検討しています。航空会社の倒産などによる元本割れのリスクを懸念していますが、過去そのようなケースはあったのでしょうか。

当社も同じことを思ったので、過去のケースを販売会社に聞いたところ、元本割れの事例はあったようです。

ただ、飛行機は人々の生活に必要なインフラなので、航空会社が経営破綻に陥っても国などが救済し再建に向けて経営を継続することがよくあります。

そのような場合は、リース契約は継続されます。

過去、経営破綻したJALやユナイテッド航空などがその一例です。

判断基準の一つは損金性や利回りを見ることです。

御社の経営方法に興味があります。繰り延べできる節税に対してどのような使い方をしているか教えていただけませんでしょうか。
御社のサイトを興味深く拝見しました。知らない節税商品をたくさん紹介している点に加えて、御社の経営方法にも興味を抱きました。繰り延べに限定した場合、御社は繰り延べできる節税に対してどのような使い方をしているか教えていただけませんでしょうか。

当社の繰り延べに対する考え方の前に投資自体の考え方から説明いたします。

投資の対象として、もっとも優先順位が高いのは従業員だと考えています。

会社の発展には従業員の意欲、行動が必要不可欠で、そのためには彼らが頑張りたくなる環境の構築が必要だからです。

そんな考えに基づき、5つの時期に分けて投資をしてきました。

節税を目的とした足場レンタルについて。自然災害や物理的な理由により、足場が破損した場合や盗難にあった場合はどうなるのでしょうか。
節税商品を探していたところ、足場レンタルに興味を持ちました。当社が購入した足場が、地震や台風などの自然災害や物理的な理由により破損した場合、または盗難にあった場合、補償はあるのでしょうか。この辺がリスクだと考えています。

そのような場合でも、借り手側が保険に加入しているので問題ありません。

すべて工事会社もしくはレンタル会社の負担によって現状回復されます。

しかし、ご質問のケース以外で保険が効かないケースがございます。

それは、詐欺、横領の場合です。

たとえば、万一、工事会社が倒産した場合、別の受け入れ先を探すことで契約は継続しますが、その際に無断で足場資材が転売されたり債権者や従業員によって持ち逃げされる可能性が考えられます。

それらの被害は、工事会社あるいはレンタル会社の保険の適用外となります。

対策方法として、投資側が加入できる保険があります。

保険に加入することで、最大550万円の保険金がおりるようになります。

それに伴い、事業利回りも多少低くなりますが、より安心を求める場合は保険加入をご検討ください。

足場レンタル事業に興味がありますが、同じような業者は他にもありますか?
足場の節税事業について、過去に経営者の友人から話を聞いたことがありました。友人の話を思い出し、いろいろ調べていたところ御社の足場レンタルページに辿り着きました。足場を購入し、レンタル会社に貸し出すことで賃料を得るというスキームは同じと認識していますが、友人の話と若干異なる点があるような気がしています。他にも同じような業者はあるのでしょうか。

当社では、特に他社と比較をすることなく投資を決めました。

ですので、似たような業者はあるかもしれませんが、当社では詳しくは把握しておりません。

当社がこの業者への投資を決めた背景には、以下のような点があります。

  • 本スキームの先駆者であること
  • 業界の最大手であること
  • 取引先に上場企業が多くあること
LED照明レンタル事業に興味がありますが、同じような業者は他にもありますか?
LED照明レンタル事業に興味を持ちました。この事業は4年で投資金額の110%を回収するとのことですが、他にも同じような業者はあるのでしょうか。もしあるとすれば、会社の信用性や投資条件等を比較したいと思っていますので教えていただけると助かります。

当社では1社からお話を聞いて投資を決めたため、他に同業者が存在するのかどうかはわかりません。

事業の新規性、収益性(100%以上回収できる)が評価できた上に、理念に独自性を感じました。

その理念とは、福島県いわき市出身の社長が考えた「LEDの普及により100年後の地球と子供たちの未来を守る」というものです。

特に他社比較をしなかったのは、そういう背景があります。

より詳しい当社の投資体験については、以下からご覧ください。

LED照明レンタルの節税事業について、申込み後すぐに始められるのでしょうか。
御社のLED照明レンタルのぺージにて決算2週間前でも契約ができたと見ました。今期の決算対策にLED照明レンタルへの投資を検討しています。契約したいと申し出ても、借り手がないために契約できず、決算に間に合わないケースを懸念していますが、そういう心配はないでしょうか?

保証はできませんが、ほぼ確実にすぐに始められますと業者から聞いています。

当社を含め、これまで紹介させていただいた企業様はすべて申込み後すぐに契約をスタートできています。

業者によると、貸し出す先は随時募集をしており現在は、設置待ちの案件に対して順次取付けを行っている状態と聞いています。

今からの申込みでいつスタートできるかどうかを知りたい方は、以下のページよりお気軽にお問い合わせください。

足場レンタルとLEDレンタルではどちらの方が安全な投資といえるでしょうか。
投資資金がその年に全額損金計上できる節税を探していたところ、LEDレンタルと足場レンタル事業を見つけました。どちらも、同じような特徴で魅力を感じていますが、どちらの方が安全といえるのでしょうか。

安全性に関しては、LED照明レンタルは千葉県で経営革新事業者に選定されていますし、足場レンタルは業界最大手の会社です。

当社は、LED照明レンタルと足場レンタルのどちらにも投資をしていますが、両社とも信頼しており、安全だと判断しています。

個人の節税で、給与所得から300万円から500万円を損益通算できるようなものがあれば教えてください。
会社経営者です。法人では利益も出ており、生命保険や太陽光設備を利用して税金対策を行っています。一方、個人の税金対策は、所得控除を活用した節税か不動産くらいしかしていません。どちらも、毎年の節税できる金額はあまり大きくありません。給与所得から300万円から500万円を損益通算できるような節税があれば教えてください。

当社はすべて法人での契約ですが、中でも個人でも契約ができ、所得税の節税に使える商品をご紹介します。

金額が300万円から500万円で投資ができる節税は以下の4つとなります。

  1. 足場レンタル事業
  2. LED照明レンタル事業
  3. ドローンレンタル事業
  4. 仮想通貨事業(マイニングマシンへの投資)

これらは、支払いが1回きりで、支払った金額の全額を経費として計上できるものです。

足場レンタル事業について。契約間中、借り手が途切れても賃料は入ってくるのでしょうか。
足場レンタル事業に興味がありますが、以下のような懸念を抱いています。契約からしばらくは順調に賃料が入ってくるけれど、建設業者の工事が終わり、次の借り手が見つからない。その結果、次の借り手が見つかるまで賃料が入らない。といったことはありますでしょうか。

そのようなことはありません。

なぜなら、本事業の契約は、仮に借り手がなくても賃料が途切れず支払われるものだからです。

当社が投資した事例をお伝えします。

足場レンタルの節税事業のリスクについて教えてください。
足場レンタルの節税事業に興味があります。リスクがあるとすれば、どのようなことが考えられますか。
たとえば、以下のようなリスクが考えられます。
  • 会社が倒産し、お金が入ってこなくなる
  • お金を支払ったものの、会社が所在不明になりお金が入ってこなくなる
  • 実際は足場を購入しておらず、トラブルになり裁判沙汰になる

上記のようなリスクを回避するため、足場を販売する会社や、購入した足場を貸出すレンタル会社をよく調べる必要があります

購入した足場の貸し出し先は決まっているんでしょうか。
足場レンタル事業に興味があります。契約したものの、借り手が見つからず、なかなか賃料が入ってこないということは考えられますか。

いいえ、そのようなことはありません。

なぜなら、契約は、借り手が見つかってからはじめてスタートするものだからです。

御社の事業内容や目的を教えてください。
さまざまな節税の情報があり、サイトを興味深く拝見しました。税理士事務所とは違うようですが、御社が何をやられている会社かがよく分かりませんでした。事業内容や目的、また国税税理士との関係性などをお聞かせください。
本サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

おっしゃる通り、本サイトを運営しているのは、税理士事務所ではありません。

サクセスフューチャーという会社になります。

当社はウェブサイトの制作、運営管理を事業主体としています。

当サイトの設立は、当社の成長過程で節税の必要性に迫られた際、当社の代表が節税情報を調べても「売り手」視点の情報ばかりで困った経験があったことに背景があります。

「買い手」側の目線、つまり「経験、体験した情報」があれば、きっと世の中に受け入れられると確信し、その思いを形にしました。

国税の渡邊税理士は、当社のクライアントの一人です。

LEDレンタル事業は投資金額に上限はありますか。
決算直前でも可能なLEDレンタル事業に興味をもちました。直前まではっきりした利益が分かりませんが、2500万円ほど投資を検討しています。LEDレンタルは1口100万円からと見ましたが、投資金額に上限はありますか。

当サイトの運営者であるサクセスフューチャーが投資したLEDレンタル事業のケースをお話します。

1ヶ月間で募集している受け入れ枠は最大5000万円となっております。

5000万円に達した時点で、当月の募集は終了しますので、金額が大きい場合は早めの対応をおすすめします。

2019年2月販売終了となった節税保険の代わりになるものを教えてください。
これまで、法人保険で利益の繰り延べを行ってきました。2019年2月の国税庁による通達により現在、節税保険の販売が終了されている中で、今後保険と同じ効果が期待できる商品はありますか。

当社が行ってきた節税のうち、保険の利益繰り延べと同じ効果を実現する商品を紹介します。

保険と同じ効果を持つ利益繰り延べは、以下2つの節税となります。

  • 航空機オペレーティングリース
  • タンカーオペレーティングリース
足場レンタルは、投資資金以外の手数料が必要になりますか?
足場レンタル事業へ投資することを検討しています。他社にて、過去に足場レンタル事業へ投資して節税をしたことがあります。今年は在庫がないようで、他にできるところを調べていたところ、このサイトに辿り着きました。スキーム等は見たかぎり同じでしたので、足場販売業者に支払う契約手数料は必要かどうか、また必要な場合、その金額についても教えてもらえればと思います。投資金額は500万円から1000万円の間の予定です。よろしくお願いします。
当社が、さまざまな節税に投資した中でも、足場レンタル事業は唯一手数料が別途必要になるものでした。

500万円の投資に対して支払った手数料の金額は15万円です。

500万円から1000万円ですと、20万円になります。

手数料を差し引いても、投資する価値はありました。

節税のアドバイスを受けるにあたり、顧問契約が必要になりますか?
御社の節税経験を興味深く読ませていただきました。個別商品に関する経験をお聞きしたり、アドバイスを伺いたい場合、顧問契約等が必要になりますでしょうか。
当サイトにご興味をお持ちいただきありがとうございます。

ご相談料や顧問契約等は一切必要ございません。

当社は、「商品を売ること」を目的としていないからです。

節税だけでなく、利益も出るような投資商品はありますか?
今期1000万円の利益を圧縮したいと考えています。保険のような繰り延べではなく、節税と同時に利益も見込める投資商品はありますか?
このサイトを運営するサクセスフューチャーが投資した「節税+利益」の商品を以下3つ紹介します。
  1. LED照明レンタル事業
  2. 建築足場レンタル事業
  3. 合法民泊事業

これらはすべて、100%以上の収益が確定している商品です。

そして、投資金額をその年に一括損金にできるという特徴もあります。

民泊といっても節税効果もさまざまなのでしょうか。全額が損金になる民泊を教えてください。
外国人観光客の増加により民泊に興味があり、いろいろ調べましたが節税になるという情報もあればならないというものもあり、よく分かりませんでした。そんなところに、このサイトで投資金額のほぼ全額が損金になる民泊事業を見ました。なぜ全額が損金になるのか教えてください。

民泊事業すべてが一括損金としての節税効果があるわけではありません。

どのような形態で行うかによって損金性は変わります。

建築用足場の購入がなぜ、一括損金になるのか教えてください。
足場レンタル事業の節税に興味があります。ちらほら建築用の足場資材が節税に使えるという話を耳にします。私の認識では、購入した全額を一括損金にできる、投資金額はレンタル先に貸し出すことで賃料として回収していくというスキームです。足場の購入がなぜ、一括損金になるのか教えてください。

購入した足場資材を一括損金にできる理由を説明します。

理由は、足場は1本あたりの金額が10万円未満だからです。

具体的な説明は、以下をご覧ください。

LED照明の節税事業に興味があります。なぜ一括損金にできるのでしょうか。
LED照明の節税事業に興味があります。この事業は、私が100万円でLEDを500本購入し、貸し出すスキームだと記憶しています。なぜ、この投資が一括損金になるんでしょうか。

購入したLEDを一括損金にできる理由を説明します。

理由は、LED電球は、1本あたりの金額が10万円未満だからです。

具体的な説明は、以下をご覧ください。

早くできる、すぐできる節税を教えてください。
法人を経営しています。今期の節税対策として500万円の節税を考えています。保険以外で、早くできる、すぐできる節税商品を教えてください。

早くできる節税として、LED照明のレンタル事業への投資を紹介します。

約1週間という早さで契約することができます。

LEDを購入し、それをレンタルすることで賃料を得るビジネスです。

当社の顧問税理士は、あまり節税対策や保険に詳しくありません。節税対策をどうすれば良いですか?
当社の顧問税理士は、あまり節税対策や保険に詳しくありません。現在、節税を検討していますが、どのようにすれば良いでしょうか。

税理士は、税務や申告の専門家です。

そのため、必ずしもすべての税理士が節税の提案をしてくれるわけではありません。

また、保険の専門家でもありませんが、中には保険会社の代理店となっている税理士もいます。

そのような場合、適切な保険商品を提案されると思いますが、節税は保険だけではありません。

退職金制度、不動産、建築足場資材、コンテナ(レンタル収納)、ヘリコプターを活用した節税など多種多様です。

経営状況に応じて、「金額」「支払い回数」「繰り延べ期間」「目的」などから適切な節税対策を選ぶことが重要です。

以下のサイトは、私のクライアントの節税経験をまとめたものです。

決算直前に300万円の仕入れをした場合、節税になるのでしょうか。
今期利益が大きく上がりました。500万円ほど節税対策をしたので、残り約300万円の節税を検討中です。決算直前に300万円の仕入れをした場合、節税になるのでしょうか。
いいえ、仕入れたものは在庫となるだけで、節税にはなりません。

当社が投資をしたLED照明のレンタル事業だと、300万円の節税ができます。

この事業モデルは、LED照明を購入し、LEDをレンタルにて導入する企業に向けたサービスを提供するレンタル会社に貸し出し、賃料を回収していくものとなります。


かった費用はすべて損金計上ができます。

小規模企業共済の加入を検討していますが、加入する価値はありますか?
小規模企業共済は加入する価値がありますか?現在加入を検討しています。
十分にあります。

なぜなら、この制度は国が運営しているので安心確実だからです。

社長の退職金を検討している場合、まずはじめに加入すべきものです。

かけた金額の全額が、所得控除になりますので所得税の節税になります。

約3000万円の利益を圧縮できる元本保証に近い投資商品を教えてください。
繰越欠損金と社員ボーナスで前期は決算対策を行いました。しかし、欠損金もなくなり、今期からは本格的に節税が必要になります。節税したい金額は3000万円程度です。設備投資は考えていませんので、元本保証に近い投資商品で利益を圧縮できるものがあれば教えてください。

オペレーティング・リースがおすすめです。

それは、飛行機やタンカーなど高額資産をリースする事業です。 

航空会社や海運会社は、高額のため機体や船舶をリース契約する場合があります。

リースする会社は、購入資金の一部を事業主から集めます。

そのため、オペレーティングリースを経験した私のクライアントは出資者という形で事業に参入しました。

出資金額は最低3000万円からです。

契約期間の終了時にはリース料と売却益で元本以上を回収できます。

元本保証ではありませんが、販売窓口が大手銀行で、購入資金の約8割をリース会社に融資しているので信用性が高く安心できるとクライアントは判断しました。

会社の万一のためにお金を残す良い方法はありますか?
夫婦で会社を経営しています。経営状況は、毎月黒字で年間では利益も結構でています。今期は、あと1000万円ほど節税したいと思っています。会社の万一に備えてお金を残したいのですが、なにか良い方法はありますか。

会社の万一に備えた対策は会社だけでなく個人でもするべきです。

なぜなら、会社と従業員を守れるのは、社長のみだからです。

ここでは、個人にお金を残す方法として、逓増定期保険を使って名義変更をする方法をおすすめします。

この方法を活用すれば、低い税率で個人に利益移転ができます。

例えば、5000万円を個人に移転しようと思うと約50%の税金がかかり2500万円しか残りません。

しかし、この方法を取ることで税率は20%ほどに抑えられます。

法人の経費計上について、雇用主が従業員に生命保険をかけることはできますか。
節税目的で、社長が自分のために保険に加入することがあると思います。退職金準備を検討していますが、従業員を加入させても節税効果はあるのでしょうか。
はい、従業員を被保険者として保険に加入した場合も節税効果があります。

しかし、保険の前にまずは中退共、特退共への加入をおすすめします。

なぜなら、国の制度のため、安心、確実だからです。

寄付金で節税をするには、どのくらいの金額を募金すればいいのでしょうか。
募金と法人の節税について教えてください。まとまった金額を募金すると、節税になると知人から聞きました。具体的にどのくらいの金額を寄付すれば節税になるのか教えてください。
法人で支出した寄付金は、たしかに損金算入できます。

しかし、それは金額の大小で決まるわけではありません。

どの団体に寄付するかという寄付先で損金に算入できる金額が異なります。

解約返戻金の使い道がない場合、高額保険料の保険加入を勧められるということはよくある話でしょうか。
経営者の友人から聞いた話です。逓増定期保険に加入し解約返戻金の使い途に困っていたところ、保険の営業マンに高額保険料の保険加入を勧められました。このような話はよくある話でしょうか。
益金となる解約返戻金を損金にするために再度保険に加入するのは、現実的ではありません。

仮に、逓増定期保険で2000万円の解約返戻金を受け取るケースでご説明します。

被保険者の年齢が36歳以上ですと、損金性は1/2損金になります。

そのため、約1000万円が益金となり、税金の対象となります。

益金に税金をかからないようにするには、少なくとも保険料1000万円以上の保険に加入する必要があります。

加入保険が半損保険であれば、保険料は2000万円必要です。

毎年、この金額が払える余力があるならば問題ありませんが、あまり現実的ではありません。

通常、解約時には、退職金や設備投資といった返戻金を経費で使う用事を考えます。

しかし、ご質問者様のように解約のタイミングでうまく用事を作れない場合もあります。

そのようなときには、保険の「失効」機能がおすすめです。

保険が節税になると聞きましたが、解約時に税金がかかることから節税にはならないのではないでしょうか。
先日、保険の代理店から法人保険の加入を提案されました。営業マンからは、「税金分を損金になる保険料に充てれば、節税になりますよ」と言われました。保険料が損金扱いなるのは、分かります。しかし、解約したときには、利益になるので結局は税金を払わないといけないのではと思いますが間違っていますか。
ご認識のとおりです。

保険は利益の繰り延べにしかなりません。

解約時の返戻金には税金がかかります。

営業マンが言った「節税」を実現するには返戻金を、退職金、設備投資など損金計上できる使い途を準備することです。

しかし、退職時期が解約時よりも先であり、設備投資の予定がない場合もあります。

そのような場合でも、低い税率で個人が返戻金を受け取れる方法があります。

その方法は、逓増定期保険に加入し名義変更を行うことです。

納税は必要に思いますが、金額が大きいこともあり節税を検討しています。生命保険に加入すべきですか。
昨年4月に起業をし、初めての決算を迎えます。税理士からは約300万円の税金がかると言われました。社会的責任として、きちんと納税はしたいと思いますが、300万円は高く感じています。税理士からは、私個人の車を会社に売る、もしくは生命保険に加入してはどうかと提案されました。社用車はすでにありますので、車を売ることは合理的ではありません。税理士の言うとおりに生命保険に加入すべきでしょうか。
より多くのお金を残すためにも、保険には加入すべきです。

納税は大事なことですが、社長の責務は、事業の継続と発展です。

会社が万一のときには、社長は会社と従業員を守らなければいけません。

社長個人が貸付を受けるには、銀行与信では個人資産が重視されます。

そのため、節税はもちろんですが、会社と個人双方に資産を分散させることが重要になります。

ここでは、個人資産を強化する方法をご紹介します。

法人保険は、解約したときに税金を払うのであれば、加入する意味がないのではないでしょうか。
法人を経営しています。税理士に節税の相談をしたところ、保険料が経費として落とせるので節税になると言われ、生命保険を勧められました。ネットで検索すると、法人保険は節税ではなく、あくまでも利益の繰り延べであると見ました。解約したときに税金を払うのであれば、意味がないのではないでしょうか。

いいえ、加入する意味は十分にあります。

おっしゃるとおり、解約時に益金となるので、利益の繰り延べにしかなりません。

しかし、損金にできる使い途を準備しておけば、節税になります。

一般的には、退職金や設備投資などに使われます。

もし、使い途がなくても心配ありません。

「効率よく個人に移転する」という節税方法があります。

この方法を使うには、逓増定期保険に加入します。

役員報酬やボーナスを自分に支給して節税することはできるのでしょうか。
会社を経営しています。今期は利益が上がり、黒字決算です。納税しないといけないことを考えると、利益をプラスマイナスゼロくらいにしたいと考えています。そこで、役員報酬やボーナスを自分に支給して節税することはできるのでしょうか。
いいえ、その方法では節税できません。

なぜなら、利益調整とみなされ、損金算入ができないからです。

役員報酬の金額を変更できるのは事業年度開始から3ヶ月間です。

それ以降の変更は、損金として認められません。

ボーナスも税務署への届出が必要なので、決算前の支給は損金にできません。

損金にでき、個人へ利益を移転できる方法は、「旅費規程」です。

旅費規程を活用すれば、以下ができるようになります。

社長の責務を考えると、中小企業の社長の給料は多い方がいいのか少ない方がいいのかどちらでしょうか。
中小企業にとって、社長の給料は多い少ない、どちらの方がいいのでしょうか?会社における社長の責任は大きいということを踏まえて、どのようにするのがベストか教えてください。

会社にとって最も良い方法は、会社と社長個人双方にお金を残すことです。

社長の責務は事業を継続、発展させることです。

万一のときには、社長個人が会社と従業員を守らなければなりません。

そして、会社の資金繰りが厳しいときに個人貸付できるのは社長のみです。

銀行与信は会社と社長個人資産の双方が重要視されるため、最も効率良くお金を残せる方法で会社と個人の双方にお金を残すべきです。

個人にお金を残す方法として、以下3つの方法を紹介します。

  • 小規模企業共済
  • 逓増定期保険
  • 旅費規程
向こう1、2年大きな利益がでた場合にできる節税はどんなものがありますか?
決算を3ヶ月後に控え、利益が相当出そうです。向こう1、2年は業績が良いと思われます。約1000万円でできるおすすめの節税方法はありませんか?

「民泊事業」と「法人保険」を組み合わせた節税方法をご紹介します。

この方法では、保険で繰り延べをする際にネックとなる保険料の支払いの不安を解消します。

民泊事業のご説明をします。

クライアントが投資している民泊事業は、マンション1室を借りて外国人観光客に宿泊施設として提供するものです。

ノウハウはなくても大丈夫です。

クライアントは、物件を賃貸契約するだけで、その後の運営等は専門業者に任せています。