収益目的の投資をしたい

  • ファクタリング事業
    ファクタリング事業に1000万円投資しました。 想定年利24%という高い利回りを期待した事例を紹介いたします。
  • 銀への投資
    ロンドン貴金属市場協会認定ブランドである「NADIRナディール」「ロイヤル・カナディアン・ミント(カナダ造幣局)」「ブリタニア銀貨」に576万円を投資した実例を紹介いたします。
  • 仮想通貨(マイニングマシン)

    当社は、2018年から5度にわたってマイニングマシンに投資しています。

    すべての投資について満足のいく結果が出ています。

    即時償却したケース、4年かけて減価償却したケースなど、豊富な経験をご覧いただけます。

  • コンテナ事業(レンタル収納)
    初年度に70%近い償却ができ、毎年の賃料で合計100%以上を回収する投資です。
  • アンティークコイン
    希少性が高く、値上がりが期待できるアンティークコイン。 世界中がマーケットであるため、世界共通の通貨を保有するということと同じであり、為替の有利な国で売却することで為替リスクヘッジにもなります。
  • アメリカ不動産

    日本では物件価格における土地価格の割合が高い一方、アメリカは建物のほうが高いため、より多くの減価償却ができる特徴に興味を抱いて投資しました。

    しかし、雨漏り修理を始めとした出費がかさみ、思った以上の回収ができませんでした。

    日本国内であれば様子を見にいくことができますが、管理会社の「修理が必要」という報告に従わざるを得ませんでした。

    失敗の経験としてご参考にしてください。

  • 京町家
    京都の町家を購入し、民泊として活用して固定収益を得るプランをご紹介します。
  • 足場レンタル

    2017年3月に、即時償却できる商品として500万円投資した事例です。

    8年かけて124%の620万円を回収する予定です。
    現在、順調に回収できています。

    なお、2022年4月の税制改正により、即時償却できなくなりました。
    つきましては、過去の参考事例としてお読みください。

  • LED照明レンタル事業

    決算直前でも2週間あれば可能な節税対策として、2018年10月に200万円投資した事例です。

    4年で120%の240万円を回収する予定です。
    現在、順調に回収できています。

    なお、2022年4月の税制改正により、即時償却できなくなりました。
    つきましては、過去の参考事例としてお読みください。

  • 民泊事業

    毎月固定収入が確定しているプランへ投資した事例です。

    当社が投資金額100%以上を回収した後、インバウンドに陰りが出た結果、この事業は停止されました。

    現在は投資できませんが、参考事例としてお読みください。