「節税対策」の検索結果

節税対策のため子会社を設立したい・・・代表者が同じなら税務署ににらまれる?
法人を立ち上げて3度目の決算に入ってます。お陰さまで、今年は大きなの利益が出そうです。そこで、節税対策として親会社(現在の会社)への材料納入のための新会社設立を検討しています。その場合、新会社の代表取締役を現法人の代表取締役と同一人物にしたら、税務当局は節税目的の会社として否認するのでしょうか?
事務所兼自宅のマンションの賃貸料を全額経費にできるか?
マンションの賃貸料を全額経費にできるかどうか・・・個人事業主です。独身で家族はいません。このたび事務所として使用可能なマンションを借りることにしました。家賃は月々5万円です。基本的には自宅兼事務所としてそのマンションで生活する予定です。現在は親と同居してることから、住民票を親元に残していれば、マンションの家賃全額を事務所費用として必要経費にできるのではとも思うのですが、認められるでしょうか?そのマンションには作業スペースの他にベッドも置くことになるのですが・・・。
欠損法人を利用した節税スキーム
多額の繰越欠損金を有する会社の株式をただ同然で買取したうえで合併しようと考えています。それにより、当社の黒字をその買収会社の繰越欠損金と相殺し、節税するつもりです。何か、税務上の禁止規定みたいなのがありますでしょうか?
会社が所有する含み損のある土地を株主Bに譲渡する行為は租税回避行為?
ある会社Xが含み損ある土地を有しているとします。この土地を株主Yへ譲渡して売却損を計上する行為は、租税回避行為になりますか?
租税回避行為の否認について
租税回避行為とその課税について少し考えてみました。仮に親子間における土地の譲渡は非課税だとします。兄が自分の土地を弟に譲渡するにあたり、いったん父親を経由して弟に譲渡することにより租税を回避する取引を行いました。このような取引は、租税回避行為に該当しますか?また、当局は、このような行為は否認できるのでしょうか?
サラリーマンの節税について
サラリーマンが個人事業を開始をして、事業の経費として私用の光熱費や家賃などを計上して所得を赤字にすることで節税になると聞きましたが、どのような方法でしょうか?
二世帯住宅のローンを母の名義で組むのは節税になりますか?
相続税対策についての質問です。母と長男夫婦が二世帯住宅の建築を検討しています。二世帯住宅を建てる際に母に銀行借入させることは相続対策になるのでしょうか?母名義でローン組んで実質、長男夫婦がローンを払います。また、家の名義はどのようにしたらいいでしょうか。
役員報酬の節税について
役員報酬の節税について私は非上場企業の役員であり、勤務先の会社から役員報酬を受け取っています。このたび、個人事業を開始し、節税をしようと考えております。そこで質問ですが、個人事業が赤字となった場合、役員報酬に係る給与所得を相殺するようなことはできるのでしょうか?
副業でレンタカービジネスを始めて節税したい
車大好きな給与所得者です。給与が毎年1000万ほどあります。独身で結構な税金を納めているので節税対策を考えています。副業で個人事業をした場合その事業が赤字になればその赤字を給与と相殺できると聞きました。例えば、副業でレンタカービジネスを開始し、レンタル用の車を買いそれをレンタカーとして使用するとします。その際生じた赤字分は、本業の給与所得と相殺する事はできるのですか?これが可能なら自分の好きな車をレンタカーとして何台も買って、趣味と節税の両立につながると思うのですが
有価証券のクロス取引
手元の含み損のある有価証券を関係会社に売却して損を出し、また売値と同じ価格で買い戻したいと思っています。 当社は不動産業を営む小さな会社です。含み益のある有価証券を保有しています。この有価証券は税務上の「その他の有価証券」に該当します。当期で大幅な黒字になりそうな為、有価証券を関係会社に一旦売って損を出し、再びその株を売価で買い戻そうかと思っています。しかし・・・・・このような取引は、税務調査で見つかれば否認されると聞きました。それは、どのような根拠規定に基づき否認されるのでしょうか?

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも365日・24時間対応しています。とりあえずご一報ください。

24時間 365日対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもお電話承ります

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもOK

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。