二世帯住宅のローンを母の名義で組むのは節税になりますか?

相続税対策についての質問です。

母と長男夫婦が二世帯住宅の建築を検討しています。
二世帯住宅を建てる際に母に銀行借入させることは相続対策になるのでしょうか?
母名義でローン組んで実質、長男夫婦がローンを払います。
また、家の名義はどのようにしたらいいでしょうか。

まず、お母様の名義でローンを組んでその返済をあなたがするのであれば、その返済金そのものがお母様への贈与となります。また、その場合、家はお母様の名義になると思いますが、お母様が亡くなられたときにその住宅自体が相続財産として課税対象となります。これは節税対策にはなりません。

一方、お母様がローンを組んでお母様がご自身の預金から返済すると相続税対策になります。
相続税法の評価として、現金や借金はそのままの額が評価額ですが、建物は実勢価額の6,7割の評価額となりますので、例えば3000万の家をローンで買ったとすれば
ローンの額(3000万円)−家の評価額(約2100万円)=約900万円の相続財産(評価額)が減るとなります。その900万円に相続税率を掛けた金額が節税額となります。
ローンの返済とともにローンの額は減っていきますが、その分同額のお母様の現金預金が減っていくので、約900万円の評価減という結果は変わりません。
ローンをご長男夫婦が返済されるのであれば、名義はご長男夫婦でいいと思います。逆にローンの返済者と家の名義人が異なれば冒頭で述べたように贈与の問題が生じます。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。