副業でレンタカービジネスを始めて節税したい

車大好きな給与所得者です。

給与が毎年1000万ほどあります。独身で結構な税金を納めているので節税対策を考えています。

副業で個人事業をした場合その事業が赤字になればその赤字を給与と相殺できると聞きました。
例えば、副業でレンタカービジネスを開始し、レンタル用の車を買いそれをレンタカーとして使用するとします。その際生じた赤字分は、本業の給与所得と相殺する事はできるのですか?
これが可能なら自分の好きな車をレンタカーとして何台も買って、趣味と節税の両立につながると思うのですが

ビジネスとしての本気度はいかがなのでしょうか?
そのレンタカービジネスが客観的に見て事業としての実態があれば、その事業により生じる赤字(事業所得の欠損額)は給与所得と損益通算(相殺)されます。レンタカーは資産として計上され、それの減価償却費が必要経費として処理されます。

事業としての実態がないと税務署に認定されれば、給与所得と相殺した赤字分は認められなくなります。

例えば、事業として集客のためどのように活動し、どのような事業管理をしているのか?経理の状況、関係書類、許認可の手続き、利用者の保険関係、保険会社との契約、顧客の利用手続き、予約状況、料金プラン・・・・真に事業を行なっているのどうか、きちんと示すことができなければやめておくべきです。一歩間違えれば、脱税行為として重加算税が賦課されることも想定されます。

 

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。