サラリーマンの節税について

サラリーマンが個人事業を開始をして、事業の経費として私用の光熱費や家賃などを計上して所得を赤字にすることで節税になると聞きましたが、どのような方法でしょうか?

事業を赤字にして、その赤字と給与所得を相殺して、源泉徴収された所得税額の還付を受けるというものです。

その事業所得に係る赤字の所得が正当どうかは究極的には税務調査により確認されますので、それを前提に考えれば現実的ではありません。

それは節税というより、ただ赤字を捏造するだけの脱税行為に該当します。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。