「加算税」の検索結果

「重加算税」とは
会社の経理をしていますが、先日から始まった税務調査の対応に追われています。調査官から当社の申告が過少であったことを指摘されていますが、その原因が不正経理によるものと認定されたようです。調査官の指摘に従い、修正申告をする予定ですが、このように不正経理による過少申告があった場合、通常の過少申告加算税ではなく、重加算税がかかると聞きました。この重加算税とはどういった税金なのか教えてください。
「無申告加算税」とは
個人事業主として商売を行っています。期限を過ぎて確定申告をした場合、「無申告加算税」がかかると聞きました。この「無申告加算税」の内容について教えてください。無申告でいた場合に税務調査が入るとやはり「無申告加算税」がかかるのでしょうか?
「過少申告加算税」とは
会社の経理をしています。確定申告で計算した税額が少なすぎた場合、修正申告をすることになりますが、その場合、「過少申告加算税」がかかると聞きました。この「過少申告加算税」の内容について教えてください。税務調査の前に自主的に修正申告をした場合にも、「過少申告加算税」がかかるのでしょうか?
「重加算税」がかかるケース(消費税)
税務調査で、「隠べい又は仮装による不正経理」が指摘された場合、「重加算税」が課されますが、法人税・所得税・相続税・消費税などの税の種類によって「重加算税」適用されるケースが違うと聞きます。「消費税」の場合、この「隠べい又は仮装による不正経理」とは、具体的にどのようなケースが該当するのでしょうか?
「重加算税」がかかるケース(相続税・贈与税の調査)
税務調査で、「隠べい又は仮装の不正事実」が指摘された場合、「重加算税」が課されますが、法人税・所得税・相続/贈与税・消費税などの税の種類によって「重加算税」適用されるケースが違うと聞きます。相続税又は贈与税の調査の場合の場合、この「隠べい又は仮装の不正事実」とは、具体的にどのようなケースが該当するのでしょうか?
「重加算税」がかかるケース(個人事業主の調査)
税務調査で、「隠べい又は仮装による不正経理」が指摘された場合、「重加算税」が課されますが、法人税・所得税・相続税・消費税などの税の種類によって「重加算税」適用されるケースが違うと聞きます。個人事業主(所得税)の調査の場合、この「隠べい又は仮装による不正経理」とは、具体的にどのようなケースが該当するのでしょうか?
「重加算税」がかかるケース(法人の調査)
税務調査で、「隠べい又は仮装による不正経理」が指摘された場合、「重加算税」が課されますが、法人税・所得税・相続税・消費税などの税の種類によって「重加算税」適用されるケースが違うと聞きます。法人(法人税)の調査の場合、この「隠べい又は仮装による不正経理」とは、具体的にどのようなケースが該当するのでしょうか?
税務調査が行われた場合の「延滞税」の計算
会社の経理を担当しています。税務調査により過少申告を指摘され、修正申告をしました。修正申告をして、追徴税額を納付した場合、それとは別に利息として延滞税がかかるようですが、それはどのように計算されますか?
延滞税の利率14.6%はあまりにも高すぎるのでは・・・・
延滞税率14.6%は、この低金利の情勢で異常な高率だと思います。民法の法定利率が3%であれば、税金の滞納税もその法定利率と整合させるべきではないでしょうか?
重加算税と過少申告加算税が混在する場合の計算方法
税務調査が実施され、「重加算税」と「過少申告加算税」の課税対象所得が混在する場合の加算税の計算についてはどのように行われるのでしょうか?計算方法について法律等に記載されいるのでしょうか。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。