「減価償却」の検索結果

「修繕費」と「資本的支出」との区分について
当社の社屋の修繕に関し、屋上の底面のコンクリートが剥離していたので、コンクリートの張替えと防水加工処理を行いました。費用は全額で250万円で、うち(1)コンクリート張替工事が180万円、(2)防水加工処理が70万円となっています。この場合、250万円全額を修繕費として処理してよいものでしょうか?なお、社屋の屋根底面の修繕は10年に1回のペースで行っており、前回まで防水加工処理はしていませんでした。 
消費税等の会計処理方式の違いによる少額の減価償却資産の判定
消費税等の会計処理方式について「税抜経理方式」を適用しています。この度、105,840円(消費税等込み価額)のパソコンを購入しました。 この場合、購入したパソコンの税抜金額は98,000円(注)となりますので、少額の減価償却資産として損金経理によりその取得価額を損金算入することができるでしょうか。(注)消費税等の税率を8%として計算しています。105,840円÷1.08=98,000円
少額の減価償却資産になるかどうかの判定
法人が購入する資産で一定のものについては減価償却せずに、その資産を事業の用に供した事業年度でその取得費を一括損金に算入できると聞きましたが、具体的にはどのような資産が該当するのでしょうか。
過年度に償却限度超過額がある場合の当期の減価償却限度額の算定について
法人税の減価償却の定率法について。減価償却の定率法で償却した場合、法人税法上の償却限度額の計算において、期首簿価に前期以前の繰越償却超過額を加算した金額をもとに計算するのでしょうか?
減価償却費を利益の着地予想額に応じて任意に変更することは可能?
減価償却についてです減価償却費を利益の着地予想額に応じて任意に変更することなど可能なのでしょうか?利益が上がりそうな年度は満額償却し、利益が少なそうな年度は減価償却費を計上しないなど・・・です。
償却方法の変更について
償却方法の変更について当社は、上場企業の100%子会社です。過去に損失を計上しており、税務上の多額の繰越欠損を抱えております。そのような環境下、資本の毀損を緩和したく固定資産の減価償却方法を「定率法」から「定額法」へ変更したいと考えています。現在、第1四半期が終了し第2四半期の途中ですが、期首に戻りこの変更することは、会計基準上、支障がありますか?
高額なワーキングチェアを購入しましたが経費になりますか?
会社(法人)を経営しています。経費について質問です。9万円の高級ワーキングチェア(椅子)を購入しました。体に合わなかったのでその後15万円のチェアを買い直しました。満足いく椅子ではなかったのでさらに20万円の椅子を買いたいと考えています。すべての椅子を業務用として利用していますが、これらの購入費用は会社の費用として認められるのでしょうか?また、最初に購入した9万円の椅子を親に贈与しようかとも考えています。この場合でも会社の費用になるのでしょうか?
償却資産に対する固定資産税の計算方法について
固定資産税の計算方法について教えてください。仮に本体価格が50万円、償却期間が5年のコピー機を購入した場合の固定資産税の計算はどうなるのでしょうか?
減損された有形固定資産に係る「資産除去債務」
有形固定資産のが減損され、備忘価格の1円だけ帳簿価額が残っています。その有形固定資産に係る「資産除去債務」がそのまま残っています。この処理は正しいのでしょうか?
減価償却費の繰り延べについて
法人税上の減価償却費の繰り延べについて教えてください。今期、費用として減価償却費を計上したくない場合、来期に繰り延べることができると聞きました。今期は利益がでていませんので、費用を抑えたいと思っています。「減価償却費の繰り延べ」とは具体的にどのような処理のことをいうのでしょうか?

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも365日・24時間対応しています。とりあえずご一報ください。

24時間 365日対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもお電話承ります

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもOK

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。