「相続税対策」の検索結果

相続税対策で孫を養子にすると有利になる理由
相続対策(孫養子)について質問です。相続税対策で孫を養子にすると有利ということを聞きますが、具体的にどのように有利なのでしょうか?
遺言の作成・・・相続対策として
銀行員をしています。先日、取引先の会社の会長から相談を受けました。「自分(会長)が死亡すれば、現在社長をしているA氏に所有している株式を譲りたい。」とのことです。会長は妻の老後の生活を考えて、株式以外の財産はすべて妻に譲りたいとのことです。ただ、生きている間は会社への支配権は維持し、配当もほしいとのことです。A氏は会長の親族ではなく、友人の子息です。会長には子供はなく、妹夫婦は健在とのことです。両親もはすでに他界しています。どのように助言すればいいでしょうか?
生前に土地を贈与する場合
親から息子へ、評価額1,500万円程度の土地を贈与するとした場合、贈与税はいくら生じるでしょうか。仮に「相続時精算課税制度」を適用すれば、2500万円まで非課税となるようですが、その場合、相続税はどうなるのでしょうか。
1,000万円の生前贈与・・・
母に預金が3,000万円ほどあります。それを兄弟3人で喧嘩にならないよう1,000万円ずつ平等に生前贈与を希望しているのですが、税金はいくら納めなければなりませんか。できれば、早くそのお金を使いたいのです。
暦年贈与による相続税対策
相続対策として、親から子に基礎控除(110万円)の範囲内で毎年生前贈与し、子はそれを原資に自分自身の生命保険に加入する場合、贈与があったと税務署に認めてもらうために特別にやっておくべきことはありますか?
住宅取得資金の贈与について
家を新築するにあたり、親から2000万円を贈与されることになりました。相続時精算課税を選択すると2000万円の贈与を受けたとしても税金はかからないのでしょうか?それが一番得策でしょうか?
父から子への個人事業主の事業承継について
父の経営する事業を承継しようと考えています。事業用資産の帳簿価額は110万円をはるかに超えてきますので、まともにいくと大きな贈与税の納税義務が生じると思います。なにかよい知恵はないでしょうか?
事業承継対策について
非上場会社の自社株は、相続、遺贈もしくは贈与による方法以外に後継者に承継させることができないのでしょうか。そうすると事業承継対策として、相続税や贈与税などの移転コストを抑える対策が必要になってくると思うのですが。
事業承継税制について
会社の経営をしています。個人的に所有している土地を事業用地として会社に賃貸しております。この場合、その土地は、事業用地としてみなされ事業承継の認可を受けられ、相続税の猶予を受けられますか?
中小企業の事業承継における株式の贈与
中小企業を経営しています。現在、父が社長で会社の株式を100%保有しています。将来の世代交代を視野に入れ、相続対策として毎年少しづつ、後継者となる私に株式を移転することを考えています。その株式の移転に伴い贈与税が発生しない程度の株数で毎年譲渡する方法をとりあえず始めようと考えています。何か問題があるでしょうか。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも365日・24時間対応しています。とりあえずご一報ください。

24時間 365日対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもお電話承ります

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもOK

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。