生前に土地を贈与する場合

親から息子へ、評価額1,500万円程度の土地を贈与するとした場合、贈与税はいくら生じるでしょうか。
仮に「相続時精算課税制度」を適用すれば、2500万円まで非課税となるようですが、その場合、相続税はどうなるのでしょうか。

贈与税は、(1,500万円-110万円)×40%-190万円=366万円 となります。(特例税率利用)

「相続時精算課税制度」を利用すれば、2,500万円までの贈与について贈与税を免除し、その代わりその贈与財産を相続財産に含めて相続税を計算することができます。親の財産が評価額1,500万円の土地だけだとすれば、相続税の基礎控除額が相続人が1人とした場合3,600万円(3,000万円+600万円×1人)ありますから、相続税は最終的に生じないこととなります。
当然、この制度を利用すれば、土地(1,500万円相当)の贈与時には1,500万円<2,500万円なので贈与税は生じません。

ただし、「相続時精算課税制度」を適用する場合には以下の要件を満たす必要があります。

  • 適用対象となるのは、「贈与者」は贈与をした年の1月1日において60歳以上の父母又は祖父母、「受贈者」は贈与を受けた年の1月1日において20歳以上の者のうち、贈与者の(推定)相続人である子又は孫とされています。
  • 贈与税の申告期限内に「精算時課税選択届出書」を税務署に提出する必要があります。

 

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。