住宅取得資金の贈与について

家を新築するにあたり、親から2000万円を贈与されることになりました。
相続時精算課税を選択すると2000万円の贈与を受けたとしても税金はかからないのでしょうか?それが一番得策でしょうか?

「相続時精算課税」を選択されると2500万までは非課税で贈与を受けることができます。しかし、相続時に課税が繰り延べられるだけです(贈与税率の適用が相続税率の適用にシフトするというメリットも多分にありますが)。

平成27年12月まで住宅取得資金の贈与は省エネ住宅で1500万円、一般住宅で1000万まで非課税です。これに基礎控除額110万円を加算できます。お子様や奥様にも110万円の範囲で無税で贈与できます。これらは、非課税枠の利用ですので、税金の繰延べではなくそれにより課税関係は完結する点が利点です。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。