「法人税」の検索結果 - 10ページ目

法人減税について
日本の法人税率についてです。近年、企業のグローバル化が進み、法人税を下げることにより、国内に外国企業を誘致しようとする動きが起きていますが、それにより、日本企業が海外に進出し、国内産業の空洞化が懸念されるのではないでしょうか。
実効税率の考え方が分かりません
ものの本によれば、法人税の実効税率の考え方として・・・法人税は、『所得×30%』法人事業税は、『所得×9.6%』法人住民税は、『法人税×17.3%』の場合、3つ(法人税、法人事業税、法人住民税)を合計すると、『30+9.6+(30×0.173)=44.79%』になります。ただし、法人事業税は、損金算入が認められてるので、その分だけ所得が小さくなります。そのことまで考慮した税率を実効税率といいます。実効税率は、この法人事業税を考慮しますので、44.79%÷1.096となります。・・・・・・・となっています。そこで質問ですが上記文章の中で、3つを合計するときの計算の式で1なぜ法人住民税のところだけ、(30×0.173)となっているのでしょうか?2また、実効税率の(÷1.096)とはなんですか?
未払法人税等について
未払法人税等について質問です。税引前利益に実効税率(例えば35%)を乗じて未納税額を算定する場合、この金額の中に均等割りは含まれているのでしょうか?それとも含まれていないものと考えるのでしょうか?
法人税の減税
法人税の実効税率を30%半ばから20%台へ、5年以内に減税するそうです。法人税の減税によりどのような効果がありますか?
未払法人税の別表5(2)記載要領
未払法人税の別表記載について前期分の租税債務につき、前期決算書で各税を未払法人税等とし、今期において現金にて納付しました。(借方)未払法人税100,000・未払復興税10,000・未払事業税50,000・未払都民税40,000 /(貸方)現金200,000この場合、別表5(2)の期首未納税額に金額を記載し、その納付についての記載欄は・充当金取り崩し・仮払い経理・損金経理どこに入れれば良いでしょうか?
法人税申告書・別表16(1)記載要領
法人税申告書で、別表16(1)や16(2)など、資産の数が多いと1枚に書ききれませんが、このような場合は、全く同じ様式を複数枚使って提出すればよいのでしょうか。別表4などは、2枚目以降の「次葉」という別様式のものが用意されていますが・・・
「法人事業税」と「法人税」の違いについて
経理初心者です。「法人事業税」と「法人税」の違いについて教えてください。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。