準備調査(その3) ~「資料せん」の整理分析~

調査官は、税務調査が始まる前に、その調査対象となる会社など(調査先)の下調べを入念に行います。

これを「準備調査」といいますが、この「準備調査」の段階で、かならずその調査先の「資料せん」に目を通し、何かしらの調査のヒントが含まれていないか検討します。

ところで、税務署が恐れられている最大の理由は、その蓄積された圧倒的な情報量にあるといえます。

例えば、以下の情報など、税務署は日々膨大な取引情報を収集しています。

  • 事業者の取引情報(仕入、売上、外注費、交際費、その他経費など)
  • 給与所得者の収入情報
  • 不動産や有価証券の売買情報
  • 国外送受金に関する情報
  • 銀行の預貯金に関する情報

この税務署が収集・蓄積する取引情報を「資料せん」といいます。

詳しくは → 税務署の「資料せん」とは・・・? 

税務署が「資料せん」を収集する目的は、税務調査に役立てるために他なりません。

税務署が日々収集する膨大な「資料せん」は、その取引当事者の課税ファイルに紙やデータなどのかたちで名寄せされます。

そして、その納税者の税務調査が行われる際には、担当調査官はその名寄せされた「資料せん」を活用して税務調査を進めます。

準備調査の段階では、調査対象の会社に関して収集された「資料せん」を分析し、有用と思われる資料せんを抽出・整理します。

そして申告書の数値や内容と照合し、不整合な点がないか確認します。

▼例

「A社からB社に外注費として○○銀行○○支店に100万円支払った」という資料せんがあったとします。

B社に調査に行く調査官は、準備調査の段階で少なくとも以下のことを確認します。

  • ○○銀行○○支店がB社の申告書に公表銀行として記載されているか(簿外口座ではないか?)
  • 申告書からA社と取引があることが確認できるか(科目明細内訳書の売掛金の内容など)
  • 振込がなされた月の売上が100万円を下回ることがないか(事業概況説明書/青色決算報告書の月次の売上高)など

これらの作業で不信感があれば、準備調査の段階でさらにA社との関係を掘り下げて情報収集します。

準備調査の段階で解明できない点については、実際の調査現場において、資料せんと一致する経理がなされ、不整合がないか(すなわち適正に会計処理がなされているか)を確認することとなります。

→ B社の帳簿にA社からの100万円の売上が計上されているか?を確認します。

 

「準備調査」に関連する記事 調査官はここまで下調べしている!

 

≪税務調査に対応する専門チーム≫

税務調査に関する不安があれば、元調査官であるOB税理士だけで構成された我々「税務調査対策」専門チームにお問い合わせください。プロ集団として調査の状況に応じた高度なサポートを全国に提供しています。

国税局OB税理士による「税務調査対策」専門チーム 

私たちのチームが、税務調査に対して、どのようにして対策・対応するか、こちらのページをぜひご覧ください。

国税OBが立ち会う税務調査

料金表

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

この記事の著者情報

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。