不正計算と簿外資産

不正計算は昔も今もやり方は変わりません。税制が改正されようがITが進展しようが基本的な不正計算の構図は変わるものではありません。

典型的には、売上除外、架空原価や架空経費の計上、棚卸除外、意図的な集計違算などがあげられます。

棚卸除外以外の不正計算においては簿外資産が生じます。簿外資産がいったんは発生しますが、それがそのまま預金やその他の資産として残っている場合もあれば、遊興費などにかなりの部分を使ってしまっていることもあります。

税務調査において帳簿上、不正計算を発見した場合、それにより生じた簿外資産の行方を追うこととなります。それをしないと正確な税務処理(仕訳)ができないからです。簿外の経費があればそれを経費として認めなければなりませんし、社長が個人的な費用のために使っていればそれは役員給与として認定する必要があります。

この簿外資産の使途解明を「BS面の調査」といいますが、この「BS面の調査」をきちんとできてこそ本来あるべき課税関係を解明したことになります。また、それができないと本当の意味で調査は終了しません。

簿外資産のうち解明しきれない部分を安易に「使途不明金」や「役員貸付金」として認定するのは調査不尽ということになります。

昨今の調査の現場をみていると調査不尽の事例ばかり目につきます。

1件あたりに投下できる日数に制限があるため仕方ない面もありますが、大型事案になれば全体の事実関係をかなりの制度にまで精緻に確認する作業が必要です。

過少申告の指摘の方向性に沿うように税務職員の思考は偏りがちですが、それを怠ると調査能力の劣化にもつながります。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

年中無休でお電話承ります(9時~18時)

お気軽にお問合せください

0120-409-540

年中無休(9時~18時)

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。