「給与」の検索結果

給与所得に係る所得税の計算期間
アルバイトをしています。わたしのアルバイト先では翌月15日に当月分の給料が振り込まれます。その場合、12月に働いて、1月15日に入る給料も今年の収入に含まれるのでしょうか?
青色専従者給与と法人成りどっちが得ですか
税理士の先生いわく、個人事業主が法人化した場合のメリットとして、家族数人の経営なら、それぞれに給与(報酬)を出すことで節税になるそうです。個人事業として妻を経営に参画させ、給与を払うのとどう違うのでしょうか?個人事業の青色申告(妻・専従者給与)だけでは節税効果は弱いのでしょうか?
配偶者に給与を支払って節税したい
個人事業を営んでいるものです(40代女性)。事業所得が毎年、約600万円あります。節税のために会計やその他事務を手伝ってくれている夫に月10万円の賃金、年間120万円支払おうと思っています。その夫ですが、会社に勤務するサラリーマンで年収500万円ほどあります。このような節税策は可能でしょうか?
給与所得の帰属年度の判定は、勤務ベース?支給日ベース?
大学生(男・21歳)、コンビニでバイトしています。バイト先から支給される給与についていくつか質問があります。(1)翌年1月に支給される今年12/1~12/31の勤務分のバイト代は翌年の給与として計算されるという認識はでいいでしょうか?(2)年間の収入を103万以内に収めた場合でも、毎月の給与が極端に多い(例えば1月分が20万)ことにデメリットはありますか以上の2点について、教えていただけたらと思います。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも365日・24時間対応しています。とりあえずご一報ください。

24時間 365日対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもお電話承ります

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもOK

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。