「寄附金」の検索結果

子会社等を整理又は再建する場合における損失負担等の経済合理性について
 子会社等を整理又は再建する場合の損失負担等が経済合理性を有している場合、その損失負担等の額は寄附金として扱われないこととなっていますが、具体的に経済合理性を有しているか否かはどのように検討するのでしょうか?(合理的な整理計画又は再建計画とはどのようなものをいうのですか。)。
子会社等の整理や再建に要する親会社等の経済的負担についての取扱い
子会社等の整理や再建に要する親会社等の経済的負担についての取扱いを定めた法人税基本通達9-4-1、9-4-2の趣旨は、どのようなものですか。【参照】 法人税基本通達(子会社等を整理する場合の損失負担等)9-4-1法人がその子会社等の解散、経営権の譲渡等に伴い当該子会社等のために債務の引受けその他の損失負担又は債権放棄等(以下9-4-1において「損失負担等」という。)をした場合において、その損失負担等をしなければ今後より大きな損失を蒙ることになることが社会通念上明らかであると認められるためやむを得ずその損失負担等をするに至った等そのことについて相当な理由があると認められるときは、その損失負担等により供与する経済的利益の額は、寄附金の額に該当しないものとする。(注)子会社等には、当該法人と資本関係を有する者のほか、取引関係、人的関係、資金関係等において事業関連性を有する者が含まれる(以下9-4-2において同じ。)。(子会社等を再建する場合の無利息貸付け等)9-4-2法人がその子会社等に対して金銭の無償若しくは通常の利率よりも低い利率での貸付け又は債権放棄等(以下9-4-2において「無利息貸付け等」という。)をした場合において、その無利息貸付け等が例えば業績不振の子会社等の倒産を防止するためにやむを得ず行われるもので合理的な再建計画に基づくものである等その無利息貸付け等をしたことについて相当な理由があると認められるときは、その無利息貸付け等により供与する経済的利益の額は、寄附金の額に該当しないものとする。(注)合理的な再建計画かどうかについては、支援額の合理性、支援者による再建管理の有無、支援者の範囲の相当性及び支援割合の合理性等について、個々の事例に応じ、総合的に判断するのであるが、例えば、利害の対立する複数の支援者の合意により策定されたものと認められる再建計画は、原則として、合理的なものと取り扱う。
再建支援等により、他の会社の損失負担等をした場合で寄附金に該当しないケース
関係会社等の再建支援等により、その会社の損失負担等をした場合において、寄附金として取り扱われないときとはどのようなケースでしょうか。
法人税法上の寄附金について
 法人税法上の「寄附金」とは、どのようなものをいうのですか。
交際費等と寄附金との区分について
弊社は、エチレンなどの石化原料を製造しております。今般、弊社の製品の納入が見込めるA社(プラスチック当の加工メーカー)の主催するチャリティに寄附を行うことを社内で検討しています。A社とは現在まったく取引はありません。今後の営業に資するために当該寄附金を検討している次第です。このような寄附金については交際費に該当するのでしょうか?それとも、通常の寄附金として扱えばよいのでしょうか?
国や地方公共団体に対して土地を贈与した場合
個人が国や地方公共団体に対して土地を贈与した場合、贈与をしたときの土地の時価が特定寄附金の額になるのでしょうか。
宗教法人(寺)などに寄附をした場合、節税になりますか
個人事業主です。税金の事で教えてください。宗教法人(寺)などに、お金を寄付することは税金対策になるのでしょうか?
法人税法上の寄附金の取扱いについて
寄付金についての法人税法上の取扱いについて教えて下さい。「企業が寄付をすると、法人税を減らす事ができ、損はしない」と聞きました。この考え方は合ってますでしょうか? 
ふるさと納税とは?
「ふるさと納税」制度の趣旨と内容について簡単に教えてください。  
ふるさと納税でいくら税金が減額される?
確定申告で不動産所得をを申告しています。だいたい毎年税金5万円ぐらいの所得税を納付しています。ふるさと納税として地方公共機関に5万円寄付したとした場合、「寄付金−2千円」が控除できるらしいので来年の税金は2千円程度になる・・・・・この考え方で合っていますか?

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも365日・24時間対応しています。とりあえずご一報ください。

24時間 365日対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもお電話承ります

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもOK

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。