税務監査で発覚した「横領」

6月に入って始まった某クライアント企業の「税務監査」で、どうも不審な支出があることに気付きました。

「税務監査」とは、税務当局が行う「税務調査」ではなく、我々税理士が企業の依頼に基づき税務上の処理が間違っていないか監査することを言います。

つまり、自主的に行う模擬的な税務調査といえます。

不審な支出とは、その会社の社内コンピュータ・システムの改新ためのプロジェクトにおいて計上された費用の中で確認されました。

そのプロジェクト関連支出総額(予算1.5億円)の中に役務提供を受けた形跡のない支出約400万円が紛れ込んでいたのです。

横領ですね・・・・

請求書に「要件定義の確定作業」「システム間の関連性・再構築設計」と2つの項目が記載されているだけで、見積書はありません。作業内容を示す報告書もなく、誰がいつどのような役務提供をしたのか全く見えない取引でした。

社内ルールで500万円以上の支出先についてはその会社情報を調べることになっていますが、今回はそれ以下の金額なので会社情報もほとんどなく、その会社のHPもなく、請求書の所在地は郊外の住宅地にあるアパートらしき建物になっていました。(グーグルマップ・ストリートビューは本当に役立ちます・・(^▽^))

その時点で、当プロジェクトの責任者である情報システム部の担当課長とヒアリングを行い、発注経緯、業者選定経緯、会社の概要、役務提供内容などについて聴取しましたが、一切黙秘を続けました。

横領したことを認めたに等しいリアクションです。

昨日、この件につき、クライアントの総務・人事部にそれまでの監査の経緯を報告しました。

その後の対応については会社判断となります。

我々としては、今後はその課長が関連した別のプロジェクトについて粛々と精査していくことになります。

内部告発でよく発覚する横領ですが、税務監査で発覚することも珍しくはありません。

【関連記事】 ⇒ それでもキックバックは無くならない ~税務調査で発覚するキックバック~

 

≪税務調査に対応する専門チーム≫

税務調査に関する不安があれば、元調査官であるOB税理士だけで構成された我々「税務調査対策」専門チームにお問い合わせください。

プロ集団として調査の状況に応じた高度なサポートを全国に提供しています。

 国税局OB税理士による「税務調査対策」専門チーム 

私たちのチームが、税務調査に対して、どのようにして対策・対応するか、こちらのページをぜひご覧ください。

 国税OBが立ち会う税務調査

 料金表

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

この記事の著者情報

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。