国際税務を担当する専門家~国際税務専門官~

事業規模の大きな会社は、海外の市場にも事業を拡大するため、国内取引だけではなく国際取引を行なっているのが一般的です。

そのような会社に対する税務調査では、この国際取引が税務調査における最大の焦点になります。

すなわち、「海外の顧客」や「海外の子会社」などとの取引で、これら国際取引は、税務上、問題となるケースが多いのがその理由です。

この国際取引に対する調査において調査の中心的役割を担うのは、「国際税務専門官」という国際税務に精通した専門の職員です。

国際税務専門官は、資本金1億円以上の法人の税務調査を担当する「国税局の調査部」出身の職員が多く、「国税局の調査部」において国際取引の調査手法のいろはを学び、ノウハウを蓄積します。

【関連記事】 ⇒ 国税局・「調査部」の調査について

国際取引のエキスパートになると、晴れて「国際税務専門官」に任命され、「国税局の調査部」をはじめ「国税局の課税部」、「規模の大きな税務署」などに配置され、調査担当部署(本体班)の調査を支援するため支援部隊として出動し、本体班の国際取引調査をサポートします。

プロ野球の「助っ人外人」みたいなイメージです(笑)。

国際取引に対する税務調査は専門的なスキルを要するため、すべての税務職員が担当できるものではありません。

英語や第三国の言語、国際課税の一般原則、移転価格税制、タックスヘイブン対策税制、貿易の決済や信用取引の仕組み、為替・金融などの知識が必要です。

国際税務に携わり、10年20年と修業し、やっと一人前になるイメージです。

また、国際税務専門官は、国税組織内部で開催される選抜試験に合格した者だけが受講できる「国際租税セミナー」出身の者が多くいます。

その選抜試験は倍率が高く、かなり難関な試験といえます。

その狭き門を突破した優秀な職員が、半年あまりの国際税務に関する高度なセミナーを受け、さらに現場で国際税務を長年経験し、やっと一人前になるイメージです。

国際税務専門官がいかに優秀な調査官であるかはそのことからも明らかです。

企業の国際税務を担当する経理スタッフは極めて高学歴で知識、経験が豊富で勉強熱心です。

そんな納税者と議論し、国際税務の問題点を指摘するためには、当局も精鋭部隊を擁する必要があるのです。

 

≪国際税務・税務調査に対応する専門チーム≫

国際税務、税務調査に関する不安があれば、国税局・調査部の元調査官であるOB税理士だけで構成された我々「税務調査対策」専門チームにお問い合わせください。

当チームには、国税局.調査部/国際調査課・国際情報課 出身の 国際税務に精通したOB税理士 が多く在籍しており、国際税務に関する税務調査対応・税務相談移転価格に関するサポート、PEや居住者・非居住者の問題の精査、国際取引に関する社内監査、社員向け国際税務セミナーなどのサービスを幅広く提供しています。

 国際取引を対象とした税務調査への対応

「国際課税の現場実務・調査実務」「国際税務に関する法令」に精通したプロ集団として高度なサポートを全国に提供しています。

 国税局OB税理士による「税務調査対策」専門チーム 

私たちのチームが、税務調査に対して、どのようにして対策・対応するか、こちらのページをぜひご覧ください。

 国税OBが立ち会う税務調査

 料金表

 

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

この記事の著者情報

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。