申告した税金が多かった場合・少なかった場合の対応

確定申告もやっと終わりましたが、後回しにしていた仕事が結構たまっています。

税務署に確定申告が終われば対応しますといっていた案件の処理に追われます。

税務署サイドも確定申告期には税理士に対し一定の配慮をしてくれますので、それに甘えたツケがそろそろ本格化してきた次第です(笑)。

確定申告が終わっている案件についても、提出後に計算誤りや売上や経費の付け忘れに気付くことがあります。そういった場合、それを是正するにはどうしたらいいのでしょうか?申告した所得や税額が少なかったか多かったかによって手続きが違ってきます。

所得や税額が少なく申告していた場合:修正申告書を提出し不足分の納税をします。

所得や税額を多く申告していた場合:更正請求書を提出し税務署に対し還付を請求します。

税金を追加で納付するのは納税者の意思で自由に判断できますが(修正申告)、いったん確定した税金を減らすには税務署の審査を経る手続き(更正の請求)が必要ということになります。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

年中無休でお電話承ります(9時~18時)

お気軽にお問合せください

0120-409-540

年中無休(9時~18時)

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。