グローバル企業の誘致合戦 ~歪められた課税関係~

本日(H29.10.5)、欧州委員会がルクセンブルク政府に対し、ネット販売大手のアマゾンに対して違法な税優遇を与えたとして、それを取り戻すために同社に2.5憶ユーロ(約330億円)の追徴課税するように指示したとの報道がなされました。

昨年、欧州委員会はアイルランド政府に対しも同様にアップル社に対する130憶ユーロ(約1,700億円)の違法な税優遇を認定したところです。

現在、世界各国はOECDを中心としてBEPS(税源の浸食と利益の移転)対策を世界共通の課題として各国共同して取り組んでいるところです。その一方で大企業の誘致のために違法と認定されるほどに本来の課税関係を歪めて特定の企業に特典を与えている国が存在するとは、公益を犠牲に自国を潤しているのと同じです。ルクセンブルクもアイルランドもOECD加盟国です。

企業が利益追求のために税金コストを最小化するためのスキームを考えることは当然のことです。ただ、所得が実質的に発生している国から税率の低い国に不合理に所得を移転させるようなスキームは本来の課税関係(関係各国の課税権の分配)を歪めていることから看過することはできません。その対策を講じるためには各国が目先の自国の課税権を確保することより優先してOECDが策定した共通のルール(BEPS対策行動指針など)作りのために足並みをそろえて取り組まなければならないということは自明のことです。

近年、自由貿易を長年推進してきた先進国が保護主義に傾倒する向きでてきたと危惧されています。課税権の分配ルールについても貿易と同じような潮流にならないことを祈るばかりです。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも365日・24時間対応しています。とりあえずご一報ください。

24時間 365日対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもお電話承ります

お気軽にお問合せください

0120-409-540

24時間365日いつでもOK

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。