おやおや、いきなりですかい??

国税組織(国税局や税務署)の人事異動は毎年7月10日に行われます。

先日(6月の末ごろ)、税務署から顧問先の会社に対する税務調査の通知(電話)があり、調査着手日として7月12日が指定されました。

人事異動日の翌々日という新年度開始早々の着手です。

通知をしてきた調査官は、その通知の時点ではおそらく異動があるとのことで、人事異動後、新たに担当となる調査官から改めて連絡をさせるとのことでした。

要は、新年度の開始にあたり時間のロスがないように(新年度開始後すぐに調査が着手できるように・・・)、人事異動の前に調査の日程を調査予定先の会社と調整し、準備調査まで行ったうえで新しい担当者に引き継ぐという段取りを進めるわけです。

結局、社長とのスケジュール調整が難航し、結局1週間ほど調査着手日をずらしてもらいましたが、新年度開始直後の最初の調査事案に選ばれるという栄誉ある指名に心が引き締まる思いです。ただ、社長はこの栄誉ある指名に戸惑っていました・・・(笑)

「先生、そんな栄誉いりませんわ。気合が入った調査が行われそうで困りますわ!」

まぁ、気持ちは分かりますが(笑)・・・・社長!、調査に協力して盆までに調査終了させましょう!

 

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋にOB税理士を配置しています。地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫

お気軽にお問合せください

0120-409-540

年中無休でお電話承ります(9時~18時)

お気軽にお問合せください

0120-409-540

年中無休(9時~18時)

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。