イコカのチャージ料について、交通費処理で大丈夫?

イコカのチャージ料について。
現在フリーランスでエンジニアをしており、初めて青色申告をします。
交通費についてすが、電車移動が多いのでSuicaを使用しています。
Suicaを使用しているので、チャージの領収書はありますが、いつどの区間を利用したかの記録を一切していません。
この状態でチャージ金額を帳簿に交通費としてつけて良いのでしょうか?
仕事のみで使っているSuicaなので私用分は含まれていません。

履歴印字が券売機でできるはずですので、それを残しておくのがベストでしょう。

スイカは電子マネーとして買い物にも使えますので、チャージした代金で実はコンビニで雑誌を買っているかもしれません。調査官は当然それを念頭に置いて調査を行いますので、チャージの領収書だけでは本当に電車に乗った費用なのか判断できないわけです。そうなるとそれを確認する作業は大変です。手帳を見せて1ケ月の出張場所を洗い出し、およその交通費がチャージ料と合致するかどうか(サンプル調査)など・・・・

とりあえず今回は、私用分はないということでチャージ料を交通費として処理し、今後は履歴印字をなるべく利用して証憑として保存しておくことをおすすめします。自己防衛のためです。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。