税理士の仕事とは単なる記帳代行?

売上1,500万円程度の零細個人企業の経営者です。

現在、契約している税理士に正直不満があります。

そもそも、税理士の仕事とはどのようなものなのでしょうか?

当社の税理士には、記帳代行、決算、申告書の作成をしてもらっていますが、全体作業のほとんどの部分を記帳代行部分が占めており、コミュニケーションもほとんどありません。正直、少し無理すればうちの妻でも会計ソフトを使って記帳、決算、申告ができると(妻が)言っています。

節税や金融商品を活用した資金運用などのアドバイスはしないのがあたり前なのでしょうか??

税理士の本来の仕事は、税務に関する申告の作成・提出や税務相談を受けることです(注)。
実際は、税理士は中小企業の顧問先が多いので必然的に業務の大部分を記帳代行が占めている事務所が多いと思われます。ただ、記帳代行までなら税理士でなくてもできますので、計算センターという名称を用いて税理士資格のない人が行うこともできます。確かに会計ソフトの進化により、税理士の必要性は相対的に低下しているように思います。税理士として良質なサービスを提供するためには、税務相談にきちんと対応するだけでなく、節税の提案を積極的に行い、税務についての専門的な知識をクライアントに提供する必要があるでしょう。

(注) 税理士業務(税理士資格がないとできない業務)は以下のとおりです。

1.税務代理
納税者の代わりに、税務署等への申告・申請を行うことができます。
また税務調査に立ち会い、納税者の代わりに税務調査の対応を行います。

2.税務書類の作成
税務署に提出する届出書を納税者にかわって作成し、提出します。

3.税務相談
税金の計算、必要な手続き、税務の相談に応じます。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。