移転価格税制による所得の海外移転防止と海外子会社からの配当金課税について

移転価格税制とは、海外の子会社に物やサービスを低い価格で販売して、海外子会社に利益をプールし、日本の所得を海外に移転できいようにする税制ですよね?

海外に利益をプールしてもその資金を還流させる手段は配当しかないわけですので、結局、配当金で課税されることになるのではないでしょうか?
そうすると移転価格税制の意義がないような気がするのですが・・・・

海外の子会社(発行済株式の25%を6ヶ月以上保有)からの配当については、その配当額の95%は免税(益金不算入)となります。(法23の2)

移転価格税制の適用は国外関連者(発行済株式の50%以上保有)との取引ですので、基本的に移転価格税制の適用のある海外子会社からの配当については95%が免税になると考えられます。

なお、移転価格税制の適用上、海外に利益を溜め込む意思の有無は関係ありません。国外関連者との取引価格が独立企業間価格と相違することにより所得が海外に移転すると認められる場合に適用されます。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。