税金対策で買うと良い物を教えて下さい

節税のための決算対策として、決算までに購入(契約)すると有効なものとはどういったものが考えられますか?
設備投資は間に合っています。

以下の購入などはいかがでしょうか。

(1) 事務用消耗品等
 事務用消耗品、作業用消耗品、包装材料、広告宣伝用印刷物、見本品などは、たとえ使っていなくても、取得をした年度の損金の額に算入できます。ただし、継続して損金算入している場合に限ります(法人税法基本通達2−2−15)。したがって、ファイル、マジック、コピー用紙、トナーなど、いずれ使う消耗品は、年度末に買うと節税効果があります。
(2) 短期前払費用に該当する保険契約など
 前払費用の額でその支払った日から1年以内に提供を受ける役務に係るものを支払った場合には、支払った年度の損金の額に算入できます。ただし、継続して損金算入している場合に限ります(法人税法基本通達2−2−14)。したがって、火災保険、web使用料、保守契約など1年ものの契約については、これも年度末に契約すると節税効果があると言えます。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。