短期前払費用に該当しますか?

9月決算の法人です。

毎月100,000円ずつ広告宣伝費を支払っているのですが、節税対策として一年分を9月に前払いで支払った場合、全額経費で落とせますか?

「短期前払費用」の特例が適用できるものと考えていますがいかがでしょう?

短期前払費用の税務上の取扱いについて

一定の契約に基づき継続的に役務の提供を受けるために支出した費用(注)のうち当該事業年度終了の時においてまだ提供を受けていない役務に対応する部分の金額(前払費用)の額は、本来その事業年度の損金の額に算入されません。
ただし、法人が、前払費用の額でその支払った日から1年以内に提供を受ける役務に係るものを支払った場合において、その支払った額に相当する金額を継続してその支払った日の属する事業年度の損金の額に算入しているときは、これを認めることとしています。

(注)時の経過に応じて費用化される等質等量のサービスに係る費用と解されています。例:家賃

以上が、法人税法基本通達2-2-14に規定された前払費用の取扱いです。この取扱いは会計上の重要性の原則に基づきあまり細かいことは指摘せずに短期前払費用については会社の継続処理を前提に支払った年度の損金に認めるというものです。

ご質問の費用が上記でいう短期前払費用に該当するかどうかですが、今まで毎月支払っていたものを年一括払いに変更しただけのものであり、その経緯を考慮すれば素直に認められないと考えられます。
また、内容が「広告宣伝費」ということで時の経過に応じて費用化されるサービスではないと考えられることから(広告活動に関する役務の提供(動的サービス)ではなく、広告物の掲示(静的サービス)であれば考えられないこともないですが・・・)、上記の短期前払費用に該当しないものと思われます。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。