「税効果会計」の適用による利益計上・・・ってどういう意味?

税効果会計についての質問です。

会社の経理を担当しています。

先輩社員が、「税効果会計の適用による利益計上」と言っていましたが意味が分かりません?

どういったことを言っているのでしょう?

会計と税務の取り扱いの違いにより、会計では費用に該当する一方、税務では費用(損金)に該当しない取引があったとします。その場合、繰延税金資産を計上します。おそらくこのことを言っているのだと思われます。

【例】
有価証券の減損処理。
資産価値が著しく下落したと判定し、会計上は減損処理した一方で、税務上は損金算入要件をみたしていないケースでは、将来減算一時差異が生じます。
この差異に対し繰延税金資産を計上すると、結果的に利益をプラスにする要因となります。

【借方】繰延税金資産(資産) / 【貸方】法人税等調整額 (P/L)

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。