建築の請負契約書の写しに印紙は貼らなくてはいけないか?

建築の請負契約書の印紙について

工事の請負契約書には契約金額に応じた印紙を貼ることになりますが、当社はお客さんから印紙を預かりお客さん用の印紙の貼っている請負契約書の原本をコピーして当社の控えとして残しています。原本はお客さんに渡しています。

このようなやり方は、税務上、問題となるでしょうか?

単なる原本の写しであれば印紙税の課税対象となる課税文書に該当しませんので、印紙を貼らなくても問題ありません。

ただ、そうすると、貴社には契約書の原本がないこととなります。例えば、お客さんの請負代金の不払いが生じた場合、手元にあるのは署名押印のない単なる写しであり本当の契約書ではないため、相手側の債務不履行を追及する法的根拠が希薄になります。契約金額が大きくなると、双方、自己防衛のために契約書の原本を持っておくのが一般的です。

なお、原本の写しであっても、契約当事者双方又は相手方の署名押印がるなど、契約の成立を証明する目的で作成されたことが文書上明らかである場合は課税文書に該当するので注意が必要です。

なお、税務調査で印紙の不貼付が発覚した場合は、本来貼付すべき印紙の額の1.1倍又は3倍の過怠税が課されることとなります。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。