1人当たり5,000円以下の飲食費の計算に消費税含む?含まない?(交際費)

交際費等から除かれる1人当たり5,000 円以下の飲食費について

飲食費が1人当たり 5,000 円以下であるかどうかの判定に当たって、その「支出する金額」に係る消費税等の額はどのように取り扱われるのでしょうか。

飲食費が1人当たり 5,000 円以下であるかどうかは、その飲食費を支出した法人の適用している税抜経理方式又は税込経理方式に応じ、その適用方式により算定した金額により判定します。

したがって、その「飲食等のために要する費用として支出する金額」に係る消費税等の額については、税込経理方式を適用している場合には当該支出する金額に含まれ、税抜経理方式を適用している場合には当該支出する金額に含まれないこととなります。

例 2人で飲食・領収書の金額10,800円・消費税率8%

○ 税抜経理の場合

飲食費を税抜金額に換算 → 10,800円×100/108=10,000円

10,000円÷2人=5,000円

一人当たり5,000円以下であるので交際費等から除かれる

○ 税込経理の場合

飲食費は税込金額で認識 → 領収書の金額10,800円がそのまま飲食費として扱われる

10,800円÷2人=5,400円

一人当たり5,000円を超過しているので交際費等として扱われる

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。