2ヶ所から給与をもらっています・・・

20代のOLです。
所得税について質問します。

平日は会社に勤めており、土日にアルバイト(副業)をしています。
バイト代に対して所得税が3%ひかれていますが年末調整はされていません。

こんな場合、確定申告しなければいけないのでしょうか?

3%の源泉徴収とは「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告」を勤務先に提出していないことにより源泉税額表の「乙欄」を適用された場合ににかかる源泉徴収税額です(給与の支給額が月額88,000円未満の場合)。「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告」は、2ヶ所以上の給与の支払者から給与の支払を受ける場合には、そのいずれか一の給与の支払者に対してのみ提出することができます。恐らく平日の勤務先に提出しており、アルバイト先には提出できないのでしょう。また、「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告」が提出されていないと年末調整も行われないこととなります。

いずれにせよ、あなたは2カ所から給与の支給を受けているため、平日の勤務先とその副業の給与を合算して年間の収入金額・所得金額・所得税額を計算する必要がありますので、確定申告をしなければならないこととなります。その際、両勤務先から交付される「源泉徴収票」が必要となります。

ただ、副業の年間の収入が20万円以下であれば確定申告の必要はありません。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。