青色申告の提出書類について

青色申告の提出書類について教えてください。
今年初めて65万円控除を受けます。去年、「所得税の青色申告承認申請書」を提出した際、よく分からないまま備付帳簿名のところで現金出納帳と総勘定元帳に○を付けてしまいました。
申請書で備付けるとしてしまった以上、確定申告時に提出することになるのでしょうか?

 提出する必要はありません。税務調査の際にきちんと提示できるように保存していただいたらそれで問題ありません。

 青色申告者は、原則として正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳を行わなければなりませんが、簡易帳簿で記帳してもよいことになっています。標準的な簡易帳簿の種類は次のとおりです。
1現金出納帳、2売掛帳、3買掛帳、4経費帳、5固定資産台帳

 あなたのように65万円の青色申告特別控除を受けるためには、正規の簿記の原則に従い記帳し、その記帳に基づき作成した貸借対照表及び損益計算書を確定申告書に添付し、確定申告書を提出期限内に提出する必要があります。

 帳簿書類の保存期間は以下のとおりです。
・帳簿    7年
・決算関係書類 7年
・現金預金取引等関係書類    7年(前々年分所得が300万円以下の方は、5年)
・その他の書類    5年

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。