国税局の差し押さえになった営業中の店

ほそぼそと飲食店を経営しています。
昔、好況だったころに生じた法人税 消費税等の滞納金が莫大で 国税局からいろいろ財産を差し押さえられています。 月々分割して納めていくという約束も、国税局の担当官は月々50万くらい納めてもらわないと分割納付の相談には乗れないと言われています。店の店舗も土地も国税局に差し押さえられています。このような国税局の差し押さえになった営業中の店を息子が継ぐことはできるのでしょうか?

以前は相当利益が出ていたようですね。

毎月50万円の納付じゃないと分割納付が認められないとなるとざっと千万円規模の滞納があるということになるかと思います。地方税を合わせるとさらに膨らみますね。

滞納処分も最低の生活レベルは保証してくれるはずですが、目先の換価性のある資産の処分は仕方ないですね。

国税(あるいは地方税等)の滞納に売掛金を差し押さえられて資金繰りがショートし、それが原因で倒産したという話も実はよくある話なのです。

したがって、差押え物件が営業用資産で、それを公売された場合は営業の継続は困難になります。その先には滞納処分の停止(それ以上納税する資産がなく将来的にも納税資力が見込めない場合に、滞納処分を停止する措置)という措置が図られるかもしれません。

事業を息子さんに引き継ぐのは自由であり、何ら制約を受けるものではありません。ただし、その事業の引き継ぎが詐害行為と認められる場合は、息子さんにも二次納税義務が及ぶことも考えられます。また、差し押さえられた不動産に対する国税の担保権は事業の引き継ぎに関係なく継続します。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。