領収書の控えのい取扱いについて教えてください

会社で発行する、領収書の控えについて教えて頂きたいのですが、市販の複写式の領収書を購入しました。
それについて以下の事項について教えてください。

  1. 領収書(控)と書いてある方が会社控えで、2枚目の控と書いてない方がお客様に渡す方でいいでしょうか?
  2. 会社名のゴム印を押印する場合は控えにも押すのでしょうか?
  3. また、収入印紙は5万円以上の領収の際に必要になると思いますが、正本(控と書いてない方)に貼るのでしょうか?

収入印紙をお客様に渡す方の正本に貼った場合、控えには収入印紙が貼ってないものが残ると思いますが、それで税金を払ったことになるのでしょうか? お客様に印紙をはった正本を交付してしまったら、印紙を貼った証拠はどうやって残るのでしょうか?

(1)について

そのとおりです。正本を相手に渡し、控えが会社に残ります。正本にだけミシン目がついて切り取りやすくなっている様式が一般的です。市販のもので安いものは控えがありません。

(2)について
どちらでもOKです。一応、控えは正本と同じものであるという考えに基けば、控えにもゴム印は押すべきかもしれません。

(3)について
印紙は正本に貼り消印をします。印紙税は納付(貼付)した文書が相手方に手渡されるため納付(貼付)したかどうかについては手許では確認できなくて仕方ないものです。領収書控えに「200円印紙貼付済」など備忘記録しておくとよいでしょう。租税公課の内訳に収入印紙の購入代金が計上されていれば辻褄が合います。
仮に本来、収入印紙の貼付が必要な領収書に貼付せずに発行し、その事実が発行先の税務調査等により、税務当局に発覚した場合には、あなたの会社の印紙税の追徴課税(過怠税)がなされることとなります。

全国対応・緊急案件対応

神戸を中心に大阪、東京、名古屋に国税OB税理士を配置しています。

地域によっては遠距離移動を伴いますが、全国の税務調査に対応します。

また、調査官が突然、無通知でやってきた場合や既に調査が始まっている場合などの緊急案件にも年中無休で対応しています。とりあえずご一報ください。

税務調査の立会いは
年中無休、土日祝対応
緊急案件OK

渡邊の写真
元国税調査官の税理士:渡邊 崇甫
  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

いますぐご連絡ください

  • 税務署から税務調査に関する連絡があった
  • 調査官が突然、無通知でやってきた
  • 既に調査が始まっている場合

お気軽にお問合せください

元国税の税理士だから
税務調査対策が万全

専門性の高い国税職員経験を
活かした万全な対策。