「繰り延べ」の検索結果

利益の繰り延べ、節税対策にはどのようなものがあるのでしょうか。
会社経営者です。税引前利益で今期の利益の目処がたったものに、そのまま税金が課税されるのは、将来の確証がないことを考えると避けたいという気持ちになります。利益の繰り延べ、節税対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

安定経営のために当社が主に導入してきた利益繰り延べ商品は「法人保険」「航空機・タンカーオペレーティングリース」などです。

繰り延べを行う上での当社の考え方のほか、現在でも使える利益繰り延べ商品を金額別、期間別にご紹介します。

「ヘリコプター事業」は、御社が最近積極的に投資している投資先とのことですが、その理由はなぜでしょうか。
「ヘリコプター事業」は、御社が繰り延べの投資先として、最近積極的に投資しているとのことですが、その理由はなぜでしょうか。

投資としての優位性および、この事業の運航会社の理念に共感し、その理念の実現に少しでも貢献できたらという気持ちから投資しています。

来年度の期初に不動産売却により約5000万円入る予定です。繰り延べに良い節税があれば教えてください。
来年度の期首に不動産売却によるまとまったお金が入る予定です。退職予定や設備投資の予定はありませんので繰り延べする手段を探しています。約5000万円繰り延べできる良い節税があれば教えてください。

当社が投資した節税の中でも、期首に投資するメリットが大きい繰り延べ商品をご紹介します。

御社の経営方法に興味があります。繰り延べできる節税に対してどのような使い方をしているか教えていただけませんでしょうか。
御社のサイトを興味深く拝見しました。知らない節税商品をたくさん紹介している点に加えて、御社の経営方法にも興味を抱きました。繰り延べに限定した場合、御社は繰り延べできる節税に対してどのような使い方をしているか教えていただけませんでしょうか。

当社の繰り延べに対する考え方の前に投資自体の考え方から説明いたします。

投資の対象として、もっとも優先順位が高いのは従業員だと考えています。

会社の発展には従業員の意欲、行動が必要不可欠で、そのためには彼らが頑張りたくなる環境の構築が必要だからです。

そんな考えに基づき、5つの時期に分けて投資をしてきました。

2019年2月販売終了となった節税保険の代わりになるものを教えてください。
これまで、法人保険で利益の繰り延べを行ってきました。2019年2月の国税庁による通達により現在、節税保険の販売が終了されている中で、今後保険と同じ効果が期待できる商品はありますか。

当社が行ってきた節税のうち、保険の利益繰り延べと同じ効果を実現する商品を紹介します。

保険と同じ効果を持つ利益繰り延べは、以下2つの節税となります。

  • 航空機オペレーティングリース
  • タンカーオペレーティングリース
1億円の単発的利益を繰り延べする方法を教えてください。
今期、単発的な売上で大きな利益が上がりました。来年以降は、この売上はありませんので約1億円ほど繰り延べしたいと考えています。何か良い方法はありますでしょうか。

1億円の繰り延べには、オペレーティング・リースがおすすめです。

航空機などの高額資産を航空会社にリースする事業のことを言います。

契約期間の終了時には、リース料と売却金で1億円以上を回収できます。

法人保険よりも柔軟に、解約時期を選べる節税はありませんか?
法人保険は、返戻率がピークのときに解約するといいと聞きました。しかし、解約時のお金の使い途が決まっていない場合、そのピークに解約を合わせるのは難しいと感じています。他に法人保険よりも、解約時期を柔軟に選べる節税はありませんか?
より柔軟な繰り延べ方法として「倒産防止共済」を紹介します。

倒産防止共済には、以下の特徴があります。

  • 解約時期に定めがない
  • 加入から3年4ヶ月以降は、全額が戻ってくる

そのため、使う用事ができるまでお金を据え置きできます。

退職金を目的に長期平準定期保険に加入する場合の、解約返戻金に税金がかからないようにする具体的な方法を教えてください。
法人保険の解約返戻金にかかる税金の質問です。長期平準定期保険への加入を検討しています。ネットで検索すると、「法人保険は、将来的に解約返戻金を受け取ったときに税金がかかるので利益の先送りにしかすぎない」ということがたくさん書かれていました。節税と退職金を目的に長期平準定期保険に加入するにはどのようにすればよいのでしょうか。具体的に教えてください。

おっしゃるとおり、解約返戻金は益金扱いになるので、受け取り時に税金がかかってきます。

しかし、解約返戻金をそのまま退職金に充当すれば、法人税はかかりません。

なぜなら、退職金は経費扱いとなるからです。

決算直前で保険へ加入した場合の保険料は当期の損金になりますか?
法人保険について質問です。当方、3月決算の会社です。決算月の今月に年払いで保険料を支払った場合、保険料は当期の損金になるのでしょうか。

3月決算の場合、3月末までに加入が完了すれば、保険料は当期の損金に計上できます。

保険商品の種類はさまざまあります。

どのような目的で法人保険への加入を検討されていますか?

以下、私のクライアントの加入目的と加入保険をご紹介します。

繰延べ期間が決まっていない利益の繰延べ商品などあるのでしょうか。
今期は、利益が見込めます。まとまったお金を使う予定が当面ありません。期間が決まっていない利益の繰延べ商品はあるのでしょうか。

そのような状況には、倒産防止共済の加入もしくは「失効」機能を使った法人保険での対策がおすすめです。

3年から5年にかけて利益の繰り延べができるものはありますか?
今期上がった利益を3年から5年先に繰り延べたいと考えていますが可能でしょうか?

3年から5年といった短期繰り延べの節税方法を2つご紹介します。

  1. 倒産防止共済
  2. 法人保険

具体的な話はこちらから。

利益の繰り延べをする際の気を付けるべきことがあれば教えてください。
今期、利益が予想以上に上がりそうです。利益の繰り延べをする際に気を付けることがあれば教えてください。

気を付けるべきは、以下の2点です。

  1. お金の使いみちを決めること
  2. どんな商品で繰り延べするか

それぞれの具体的な話はこちらから。