コロナの給付金で800万円はいり、その分の税金が発生します。来月中に全額損金できる節税商品はありますか。

渡邊の写真
渡邊 崇甫税理士(元国税局 調査官)
公開日:2022年2月3日

コロナ過で持続化給付金を800万円ほど貰えたが税金が発生します。

来月が決算になります。

今からでも全額を損金に計上できる節税商品はありますか。

はい、契約月に全額を損金計上できる商品はあります。

以下、当社が実際に投資し、全額損金の計上ができたうえに、投資金額以上の収益にもつながった商品です。

  • LEDレンタル事業
  • ドローンレンタル事業
  • エアコンレンタル事業
  • 足場レンタル事業 

対象物を購入し、業者に貸し出すことで賃料収入にて投資資金を回収していく事業となります。


いずれも「少額減価償却資産」が適用される商品で契約月に全額償却できます。

どの事業も事業者は異なりますが、投資金額の回収方法は同じ流れとなります。

  1. 事業者から商品を購入する
  2. 購入した商品をその事業者にレンタルする
  3. 事業者から毎月の賃料を受け取る
  4. 投資額以上の回収になる


商品により投資額や回収期間、回収率が異なりますので、以下に特徴を記載します。

事業名投資額(1口)契約期間回収率
LED照明レンタル事業
100万円4年110%
ドローンレンタル事業
360万円1年103%
エアコンレンタル事業
499万円5年120%
足場レンタル事業
500万円8年124%

※2021年12月時点での収益利回りです。現在の利回りはお問合せください。


以下、ご紹介した各事業の詳細になります。