「オペレーティングリース」の検索結果

匿名組合への出資を使ったスキームの具体的な節税商品を教えてください。
匿名組合への出資を使ったスキームの具体的な節税商品を教えてください。

当社が投資経験のある「航空機オペレーティングリース」と「タンカーオペレーティングリース」をご紹介します。

航空機オペレーティングリースの元本毀損リスクについて。過去、元本を回収できなかったケースはあったのでしょうか。
航空機オペレーティングリースへの投資を検討しています。航空会社の倒産などによる元本割れのリスクを懸念していますが、過去そのようなケースはあったのでしょうか。

当社も同じことを思ったので、過去のケースを販売会社に聞いたところ、元本割れの事例はあったようです。

ただ、飛行機は人々の生活に必要なインフラなので、航空会社が経営破綻に陥っても国などが救済し再建に向けて経営を継続することがよくあります。

そのような場合は、リース契約は継続されます。

過去、経営破綻したJALやユナイテッド航空などがその一例です。

判断基準の一つは損金性や利回りを見ることです。

オペレーティングリースにおいて、匿名組合に出資することはどのような税制メリットがあるのでしょうか。
オペレーティング・リースは、匿名組合に出資をするため、節税対策としての利点があるということを聞きました。出資だと、税制面でどのような利点があるのでしょうか。

「出資」の方法を取ることで、初年度から出資額の約50~80%を損金算入できるようになります。

オペレーティング・リースで扱われる航空機やタンカーは、減価償却資産です。

たとえばこれらを購入した場合、決算月の2ヶ月前に購入すると、初年度は2ヶ月分しか損金計上できなくなります。

しかし、「出資」という形を取ると、決算時期に関係なく初年度から大きい損金計上ができる利点があります。

オペレーティング・リースの税務処理において、損金計上の仕方は年度分か月割かどちらでしょうか。
オペレーティング・リースに投資する際の決算について質問があります。加入時期によって初年度の損金計上額は変動しますか?

いいえ、加入時期は損金計上額に影響しません。

オペレーティング・リースの対象資産は、御社が購入するわけではありません。

取り扱い会社へ「出資」という形を取りますので、いつ出資しても1年分の損金が計上できます。

私のクライアントが経験した航空機オペレーティング・リースをご紹介します。


オペレーティングリースとはどのような仕組みでしょうか。
オペレーティングリースの仕組みがよく分かりません。仕組みと節税効果について教えてください。

オペレーティングリースとは、銀行が取り扱う航空機やタンカーのリース事業に出資をし、リース期間終了まで利益を繰り延べするものです。

具体的な仕組みをご説明します。

航空機オペレーティングリースの特徴を教えてください。
航空機オペレーティングリースという節税とはどのようなものでしょうか。特徴を教えてください。

航空機オペレーティング・リースの特徴は、大きく分けて以下の3点です。

  1. 支払い回数が1回きり
  2. 損金性が高い
  3. 信用性が高い

具体的な内容は続きをお読みください。