年間保険料128万円の長期平準定期保険

2015年、2017年に2つの「長期平準定期保険」に加入した1つめにあたります。

加入時期 2015年6月
加入目的 利益の繰り延べ
年間保険料 1,283,915円
繰り延べ期間 10年~24年
解約した時期 2018年6月(3年1ヶ月目)
払込保険料の合計 3,851,745円
解約時の返戻金 2,843,394円
解約時の返戻率 73.8%

この保険と2017年に加入した保険で、2026~2043年の備えができました。

この備えが従業員の安心感とチャレンジする気持ちを醸成し、結果として繰り延べが要らなくなるほどの売上を記録することができました。

2019年2月の国税庁通達により、現在この保険は販売されておりませんが、「出口戦略がなくても臨機応変に対応できた体験記録」としてお読みください。

こちらが、今回加入した保険の証券となります。

今回加入した保険の証券

利益の繰り延べができるスキーム

繰り延べが完了するまでのスキームは以下のようになっています。

  1. 保険料を毎年支払う(保険料は半分損金)
  2. 返戻率がピークを迎える(10年~24年)
  3. その時期に解約する
  4. 保険料の約80~83%が繰り延べできる

以下の図は加入した保険の返戻率を表しています。

返戻率がピークになる期間に解約することで繰り延べが実現します。

実際の保険料と返戻金

年間保険料は、1,283,915円です。

返戻率一覧

10年間、保険料を払える保証

初年度の保険料が払えても、翌年以降に滞ることで、返戻率のピークを迎える前に解約しなければならない事態になってしまっては加入した意味がなくなります。

当社では、最悪の事態を想定しつつ、支払いきれる目処をたてた上で、保険料の設定、加入をしてきました。

長期平準定期保険は、返戻率がピークになるまでの期間が長い特徴があります。

そのため、短期繰り延べの「保険料が全額損金になる保険」や「逓増定期保険」に比べて保険料は低めに設定しました。

保険の役割を終えたことにより3年1ヶ月目に解約

中長期的な将来に売上がゼロになっても大丈夫なように備えとして、2015年にこの保険に加入しました。

また、この備えにより、従業員に安心感を与えること、そしてチャレンジできる環境を作りました。

そのおかげで「備え」を超える売上を記録し、複数の売上の柱も立ちました。

これで「万が一」の心配がなくなり、保険の役割を果たしたと判断し、2018年に解約しました。

税理士による節税効果の解説

渡邊 崇甫 国税局OB税理士
渡邊 崇甫

国税OB税理士の渡邊です。

長期平準定期保険によって得られた節税効果について解説いたします。

保険料は半額損金になりますので、年間の節税額は以下のとおりになります。

年間保険料
1,283,915円
年間の損金計上額
641,957円
年間の節税効果
641,957円×34%=218,265円

加入から丸3年が経過した頃、以下のとおり解約返戻金を受け取りました。

支払った合計金額
3,851.745円
解約返戻金
2,843,394円

解約返戻金は益金となり法人税の対象となります。

この保険は、すでに保険料の半分に対して税金を納めているので、益金となるのは解約返戻金の約半分となります。

保険解約後に、当社が繰り延べを目的に投資した商品

高嶋麻由 サクセスフューチャー
高嶋 麻由

渡邊先生、ありがとうございます。
解説を高嶋に戻します。

保険を活用した繰り延べの必要性が今後、必要なくなったあと、当社が最近投資している繰り延べ商品は下記の2つです。

繰り延べできる上に100%以上回収できるのが投資している理由です。

当社が最近投資している繰り延べ商品

また、ヘリ、プライベートジェットを「オーナー価格」で利用できるので、車での移動に時間がかかるような場所に行く際に利用しています。

サクセスフューチャーは55以上の商品への投資実績あり

2008年以来、100万円からできるLED照明事業をはじめ、保険や民泊、航空機など、さまざまな節税商品に累計9億円を投資してきました。

当サイトでは、継続的に成果を出している商品のみを紹介しています。

投資実績を時系列で紹介しておりますので、ぜひご参照ください。

お問い合わせ

売り手の情報ではなく、成功事例の紹介

私達は節税商品の販売者ではありません。

経験に基づいた、節税に役に立つ情報提供と、課題解決の提案をいたします。

当社が節税の必要性に迫られたとき、節税情報をいくら探しても「売り手」の情報しか見つかりませんでした。

そのため、投資には相当の決断が必要でした。

幸い、ほとんどの投資はうまくいきましたが、失敗した例もあります。

この体験談を紹介すれば、節税が必要な企業さまにきっと喜ばれると考えたのが、このサイトを作ったきっかけです。

当社がどんな目的で何に悩み、どんな投資をし、うまく節税できたのかを高嶋がお伝えしますので、お気軽にお問い合わせください。