「決算」の検索結果

国税庁から2019年「保険料が損金になり100%近くのお金を繰り延べられる」法人保険について、その節税効果を認めないという内容の通達がでましたが、現在でも決算対策として使える法人保険はありますか。
毎年、利益が確定するのは決算ぎりぎりでしたので、決算対策は主に法人保険を使ってきました。国税庁から2019年「保険料が損金になり100%近くのお金を繰り延べられる」法人保険について、その節税効果を認めないという内容の通達がでたことにより、節税対策での法人保険のメリットがなくなり困っています。現在でもまだ節税に使える保険というのはあるのでしょうか。

現在も節税効果が得られる保険として、当社が加入経験のある「養老保険」をご紹介します。

決算まで残り3ヶ月です。今後の業績がどうなるか不安もあり、短期繰り延べができる節税を探しています。
決算まで残り3ヶ月です。利益を繰り延べたいと思いますが、現況を考えるとあまり長期の繰り延べは考えていません。短期的な繰り延べができる節税を教えてください。

決算3ヶ月前でも投資でき、1年〜4年の短期繰り延べができる節税として3つの節税をご紹介します。

LED照明レンタルの節税事業について、申込み後すぐに始められるのでしょうか。
御社のLED照明レンタルのぺージにて決算2週間前でも契約ができたと見ました。今期の決算対策にLED照明レンタルへの投資を検討しています。契約したいと申し出ても、借り手がないために契約できず、決算に間に合わないケースを懸念していますが、そういう心配はないでしょうか?

保証はできませんが、ほぼ確実にすぐに始められますと業者から聞いています。

当社を含め、これまで紹介させていただいた企業様はすべて申込み後すぐに契約をスタートできています。

業者によると、貸し出す先は随時募集をしており現在は、設置待ちの案件に対して順次取付けを行っている状態と聞いています。

今からの申込みでいつスタートできるかどうかを知りたい方は、以下のページよりお気軽にお問い合わせください。

会社の万一のためにお金を残す良い方法はありますか?
夫婦で会社を経営しています。経営状況は、毎月黒字で年間では利益も結構でています。今期は、あと1000万円ほど節税したいと思っています。会社の万一に備えてお金を残したいのですが、なにか良い方法はありますか。

会社の万一に備えた対策は会社だけでなく個人でもするべきです。

なぜなら、会社と従業員を守れるのは、社長のみだからです。

ここでは、個人にお金を残す方法として、逓増定期保険を使って名義変更をする方法をおすすめします。

この方法を活用すれば、低い税率で個人に利益移転ができます。

例えば、5000万円を個人に移転しようと思うと約50%の税金がかかり2500万円しか残りません。

しかし、この方法を取ることで税率は20%ほどに抑えられます。

納税は必要に思いますが、金額が大きいこともあり節税を検討しています。生命保険に加入すべきですか。
昨年4月に起業をし、初めての決算を迎えます。税理士からは約300万円の税金がかると言われました。社会的責任として、きちんと納税はしたいと思いますが、300万円は高く感じています。税理士からは、私個人の車を会社に売る、もしくは生命保険に加入してはどうかと提案されました。社用車はすでにありますので、車を売ることは合理的ではありません。税理士の言うとおりに生命保険に加入すべきでしょうか。
より多くのお金を残すためにも、保険には加入すべきです。

納税は大事なことですが、社長の責務は、事業の継続と発展です。

会社が万一のときには、社長は会社と従業員を守らなければいけません。

社長個人が貸付を受けるには、銀行与信では個人資産が重視されます。

そのため、節税はもちろんですが、会社と個人双方に資産を分散させることが重要になります。

ここでは、個人資産を強化する方法をご紹介します。

保険の支払いができるか不安です。250万円の節税にいい方法はないでしょうか。
今期は黒字になる見込みです。このまま法人税を払うのも嫌なので、保険の加入を検討していましたが、税理士には「保険は毎年払い続けられなければかえって損をする」と言われました。正直、絶対に大丈夫という自信はないので迷っています。約250万円を節税するのに、なにか他にいい方法はありませんでしょうか。

保険料が絶対に支払えるかどうか分からないという不安は多くの経営者が持っています。

そのような不安を解消して、ほぼ確実に保険料が支払える方法をご紹介します。

50万円ほど利益を消せる方法があれば教えてください。
合同会社を設立して約1年経過します。予想以上に利益が上がりましたので、倒産防止共済には加入しました。決算までまだ半年ありますが、あと約50万円を何かで節税したいと考えています。役員報酬として私個人に支給したかったのですが、事業年度開始から3ヶ月を超えているため、経費には計上できないと聞きました。なにかいい方法はありませんでしょうか。

50万円の節税なら、旅費規程の導入をおすすめします。

通常、出張にかかる経費は実費精算します。

しかし、旅費規程を導入すると実費よりも多くの金額を経費計上でき、実費との差額を個人が受け取れるようになります。

この方法を活用すれば、50万円の節税が実現します。

まずは旅費規程がない実費精算の例をご覧ください。

会社の利益を個人に移転させるには、損金にならない役員賞与で行うしかありませんか?
家族で小さな会社を経営しています。会社の資金を個人へ移動させたいと考えています。役員の決算賞与は損金にできないことを理解していますが、利益を移転させるにはこの方法しかないのでしょうか。

いいえ、「旅費規程」を活用すれば、会社の利益を個人に移転させることができます。

年間数十万円〜数百万円の経費を計上し、非課税で個人へ利益移転ができるようになります。

具体的な方法をご説明します。

設立から1年です。今後、利益が出た際には、まずどのような方法で節税すべきか教えてください。
法人を設立し、もうすぐ1年になります。今期はそれほど利益が出ていないので、節税は必要ありませんが、来期は今年よりも利益が出そうです。極力、税理士等には頼まず自分で節税をしたいと考えています。来期、利益が出た際には何から節税すべきか教えてください。

まずは、「倒産防止共済」と「小規模企業共済」への加入をおすすめします。

この2つは、掛金が全額損金にできるため節税に有効で、公的機関が運営しているので安心・確実な制度だからです。

法人の保険料を支払えるかが心配です。このような場合は、素直に法人税を納めて内部留保することがベストなのでしょうか。
前期に比べて売上が激減しましたが、なんとか上半期の売上のおかげで利益が残りました。最近の景気を考慮すると来期の売上が不安なので、500万円を設備投資に使うよりも短期的な繰り延べをしたいと考えています。繰り延べには法人保険が適している気がしますが、毎年の保険料の支払いが不安です。このような場合、素直に法人税を納めて内部留保するのがベストなのでしょうか。

お問合せのような状況でも、短期的に500万円を繰り延べする方法はあります。

それは、「法人保険」と「民泊事業」を組み合わせたプランです。

このプランの活用で、保険料の支払いの心配を解消し、500万円の繰り延べができます。

また、当期利益の500万円も全額損金になります。

具体的な流れをご説明します。

車や時計の購入ではなく、利益が残る1000万円の節税対策を教えてください。
今期利益のうち、1000万円ほどを節税したいと思っています。決算までは約半年あります。高級腕時計や、車などを購入するのではなく、利益として繰り延べできるものがあれば教えてください。

クライアントが経験したコンテナ(レンタル収納)の購入による節税方法をご紹介します。

生命保険以外で、決算2ヶ月前でも可能な利益の圧縮方法を教えてください。
決算月が2ヶ月後に迫っていますが、今月の売上が予想額を大きく上回りかなりの利益が出そうです。何かいい節税方法はないでしょうか。生命保険には加入済みですので保険以外での利益圧縮方法があれば教えてください。

かなりの利益とのことですが、節税したい金額はどのくらいでしょうか。

保険以外で決算直前でもできる、償却の大きいものをご紹介します。

  • 倒産防止共済
  • 航空機オペレーティング・リース
  • タンカーオペレーティング・リース
決算直前でも可能な節税商品を教えてください。
もう少しで決算を迎えるので、決算直前でも可能な節税商品を教えてください。

2019年2月の金融庁の通達により、従来まで決算対策の定番だった法人保険の節税効果が薄くなりましたが、そんな状況においても決算直前でも可能な商品をご紹介いたします。