保険の支払いができるか不安です。250万円の節税にいい方法はないでしょうか。

今期は黒字になる見込みです。

このまま法人税を払うのも嫌なので、保険の加入を検討していましたが、税理士には「保険は毎年払い続けられなければかえって損をする」と言われました。

正直、絶対に大丈夫という自信はないので迷っています。

約250万円を節税するのに、なにか他にいい方法はありませんでしょうか。

保険料が絶対に支払えるかどうか分からないという不安は多くの経営者が持っています。

そのような不安を解消して、ほぼ確実に保険料が支払える方法をご紹介します。

民泊×全損保険がおすすめ

毎月固定収益を得られる投資事業として民泊があります。

私のクライアントに投資経験があります。

運営は専門業者に任すことができるのでノウハウはいりません。

金額は、初期投資に250万円がかかるだけで、民泊事業を始めるすべての費用が含まれています。

また、この費用は全額損金計上ができますので、今期の250万円が全額損金になります。

毎月5.25万円の固定で高い収益が得られるので、この収益を全損保険の保険料に充当します。

それが、「民泊×全損保険」です。

このようにすることで、約4年後に250万円を回収できるようになります。

より詳しい内容や、多くの人が気になる「民泊事業を支えるインバウンド需要の持続性」は、クライアントの導入事例をご覧ください。

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
一般的な企業税務はもちろんのこと、国際税務、組織再編、金融取引等、税務上の取扱いが困難・複雑とされる分野についても実務ノウハウを蓄積。
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書