車や時計の購入ではなく、利益が残る1000万円の節税対策を教えてください。

今期利益のうち、1000万円ほどを節税したいと思っています。

決算までは約半年あります。

高級腕時計や、車などを購入するのではなく、利益として繰り延べできるものがあれば教えてください。

クライアントが経験したコンテナ(レンタル収納)の購入による節税方法をご紹介します。

コンテナ事業(レンタル収納)

コンテナを購入し、レンタル収納として貸出すことで収益を得る事業です。

契約期間の終了時には、元本以上の金額を回収することができますので利益の繰り延べになります。

運用は、代行会社に一任できますので、運営ノウハウがなくても心配ありません。

コンテナは1000万円から購入できます。

購入初年度から約66%を損金算入でき、3年で全額を償却します。

損金算入割合が大きな点は魅力ではありますが、減価償却資産ですので損金に計上できる金額は月割りとなります。

そのため、早めの購入をおすすめします。

近年、都市部において、レンタル収納スペースを日常的に使用する利用者が増えてきているので、今後も需要が期待できます。

クライアント事例や、収益実績などは以下のページでご確認ください。

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書

このQ&Aの回答者

渡邊 崇甫税理士(元国税局調査官)
近畿税理士会所属:登録番号128780
一般的な企業税務はもちろんのこと、国際税務、組織再編、金融取引等、税務上の取扱いが困難・複雑とされる分野についても実務ノウハウを蓄積。
これまでの経歴
  • 国税局 調査第一部 国際調査課
  • 国税局 調査第一部 特別国税調査官
  • 国税不服審判所(本部)
著書